オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


Windows Updateが上手くいかない時の備忘録

Windows Updateの確認が何時間も更新されず、どうしようかと悩んでましたが、Windows Update Clientをインストールすれば良いという事なので、最新のものをダウンロードして実行したんですが、そのClientも 「プログラムを検索しています。」とずーっと表示され続け、1時間ほど何も起きなかったので、さらにネットで調べた所(いろんなページを見たので、どこで見たのか忘れてしまいましたが...。)Windows Updateの設定を「更新プログラムを確認しない」以外の場合、処理がバッティングするという事らしいので、Windows Updateの設定を一旦、「更新プログラムを確認しない」に変更してから、ダウンロードしたWindows Update Clientを実行すると、1分位でインストールが始まりました。ヮ(゚д゚)ォ!

あのずっと待っていた時間は何だったのかというくらい、すぐにインストールされました。
その後、再起動をした後に、Windows Updateの設定を変更し、更新プログラムを確認すると、あっという間にダウンロードとインストールが完了しました。

以上、意外と手こずってしまったので、もし、悩んだ際は参考になれば幸いということで、備忘録として書いておきます。

3種類の下地

あっという間に、今年も終わろうとしていますが、やりたかったことがあんまりできず、年末になって、お仕事の合間にちょこちょこ作業をしております。

いろいろなことに手を付けているので、どれも中途半端な状況で発表出来る状態ではないのが、残念です。(T_T)
とりあえず、一番最初にできあがりそうなのは、「半透明レジン」です。

何年も前から、半透明レジンに関しては、作ろう作ろうと思って、すんごい特殊な海外製の半透明レジンを買ってみたり、半透明レジンになるパウダーを買ってみたり、専用の塗料を買ってみたり、実験にかかった費用だけで、うそーんと涙が出るくらいです。
最近は、出来るだけ国産の材料で、シンプルに製作出来るようにしようかと思っています。なので、すごい遠回りをした感じです。^^;

この実験の目標は、「3種類の下地を作れるようになること」です。

  1. 不透明(オペーク)
  2. 半透明(トランスルーセント)
  3. 透明(クリア)

半透明パーツがスムーズに作れれば、上の3種類の下地が全て作れるようになるので、依頼者さんが描かれるイラストのキャラクター(表現)に関しては、ほぼどんなイメージでも作れるようになると思います。
まぁ、造形の技術も上げないといけませんが...。

ちなみに、技術的には、すでに半透明パーツは製作出来るんですが、サンプルが無いと、半透明パーツってあんまりイメージが湧かないと思いますので、がんばって、サンプルパーツを作っている途中です。
サンプルが完成しましたら、まとめてアップしますので、よろしくです。

その他の個人的な作業は、また、完成間近になった時に発表させていただきます。(^o^)

とりあえず、半透明レジンのページはお正月くらいにはアップしたいのですが、どうなることか...。

フルカラープリントのフィギュアに挑戦。その1

フルカラー

フルカラープリントっていうのはかなり前からありまして、多くの方がフィギュアを作られているみたいですが、今のところ、エモーショナルデザインでは挑戦したことがありません。

今まで挑戦しなかった理由は、フルカラー石膏という素材ががよく解らないというのが一番です。^^;

フルカラーというのは、メリットの1つだと思いますが、石膏というと、脆く、爪でカリカリすると削れるというイメージがあるので、躊躇してました。
今のところですが、普通の石膏と同じような感じの素材かなと思っていますが、実際はもっと硬質だったり、柔軟性があったりする素材かも解りませんし、イメージ通りのものかも解りません。

フルカラープリントの素材としては、石膏がメインみたいですが、最近では、プラスチックのような樹脂でも可能ということですので、今後、更に良い素材が出てくる可能性もありますので、その希望も含め、とりあえず、一度挑戦してみてから、フィギュアの素材として、満足出来るものかどうか、きちんと判断した方が良いかなと思いましたので、今更感はありますが、挑戦したいと思います。

まだ、実際にフルカラープリントをしたことがないので、どのくらいの大きさまで安定して飾れるのか、石膏の場合、かなりの重量になりそうなので、そのあたりが気になります。
それから、細いパーツが製作出来るのかどうかも不安です。不安な部分が多くありますが、可能性も多くありそうなので、楽しみです。

また、石膏のフルカラーフィギュアは、個人的なイメージですが、ネットで見ていると無垢(内部が詰まっている)の状態で出力している方ばかりなので、中空での製作は難しそうな印象です。
石膏なので、無理なのか、たまたま誰も試していないだけなのか...その辺りも情報が全くありません。(T_T)
中空に関しては、プラスチック系の樹脂だと、可能かなと少し感じていますので、そのあたりも確認したいなぁと考えております。

出力に関してですが、個人的に使用させていただいている出力先の1つにshapewaysがありますが、shapewaysでは、フルカラープラスチック素材は、品質基準を満たしていないという事で、今のところ、この素材の出力サービスは中止になって、そのままです、今後、復活するかなアナウンスを待つしかありませんが、今のところ、日本ではDMMを含め、幾つかの出力業者さんで可能みたいです。ということは今、フルカラー樹脂の出力が出来るのは日本だけなのかな~。(笑)

まずは、フルカラー用のデータを作らないと...。
ということで、次回はデータ製作を開始します。

8月が終わりますね。

連日、同じような内容で申し訳ございません。フィギュア製作サービスの開始予定に関してのお知らせです。
現在、ご依頼いただいた場合の製作開始は、2017年1月下旬~2月下旬頃となりました。

話は変わりますが、最近、ちょっと涼しくなっていたので、作業が、はかどっていたんですが、明日からまた暑くなるそうで...。残念。
明日から9月なので、秋までもうちょっとの辛抱です、ガンバリます。(笑)

来年になるかと思います。

この前、ご連絡させていただいたばかりなのですが、フィギュア製作サービスの開始予定に関してのお知らせです。

現在、ご依頼いただいた場合の製作開始は、2017年1月上旬~2月上旬頃となりました。

ありがたいことに、ご依頼をたくさんいただいております。本当に感謝です。 ありがとうございます。(T_T)

現在、ご依頼いただいた場合、かなり先の製作開始となりますが、それまでのワクワク感を楽しんでいただければ...。^^;

ご依頼内容の小さな変更などであれば対応出来ると思いますので、気になる部分などあれば、その都度、ご連絡ください。
大きな変更は、お見積もりも変わってしまうかもしれませんが、変更は可能ですので、よろしくです。

ではでは、今年もまだまだありますが、よろしくお願いいたします。

3D-CoatをV4.7にアップグレード。

3D-CoatをV4.5からv4.7にアップしました。
アップグレードするには、アップグレード費用がかかるのかと思ったら、今回も無料でした。^^;

Zbrushもそうですが、一度、購入すると、マイナーバージョンアップは無料の場合が多いですね。
太っ腹~。

お暑うございます。^^;

今回は、フィギュア製作サービスの開始予定に関してのお知らせです。

サイトのトップページにも書きましたが、現在、ご依頼いただいた場合の製作開始は、11月下旬~12月下旬頃となっております。
製作予定が少し混んでおりまして、製作開始が年末から、少し遅くなると来年の1月になってしまいますが、よろしくお願いいたします。

お見積もり・ご依頼のメールは、ずーっとお待ちしておりますので、ご依頼を検討されている方がおられましたら、ぜひご連絡ください。
すんごくお待ちしております。m(__)m

ではでは、よろしくお願いいたします。

扇風機、起動。

夏真っ盛りになっておりますが、ようやく我が部屋の夏の相棒、「扇風機」をピッっと起動させました。これからこの暑い夏をがんばってくれることでしょう。
冬は「寒い寒い」と文句を言いながら作業をしてますが、夏は「暑い暑い」と言いながら作業をするのが目に見えます...。

でも、今年も夏バテせずにガンバリます。

ちなみに、作業部屋では、夏は機械モノが少し壊れる傾向にあるみたいで、早速、パソコンのキーボードの左シフトを含め、ぼやっと全体的にボタンを押すと戻りが悪くなってきまして、特に左シフトはボタンを押すと、「...カッッッチャン」と少し時間をおいて戻ってきてしまいましたので、もともとパソコンについていたのと同じ、マイクロソフトの一番チープなキーボードを買いました。戻りがとてもスムーズで安くていい買い物をしました。\(^o^)/
チープなものが自分には合う...。(笑)

だいぶ前になりますが、メカニカルキーボードというのを使っていたことがあったんですが、キーを「ちゃちゃちゃちゃちゃー」っと打つと、「カチャカチャカチャカチャカチャカチャーーー」っと、キーを打っている自分でさえ、すごくうるさいので、やむなく普通のキーボードに変えたことがあります。

ということで、汗をカキカキ、作業をガンバっていきます。
みなさんも夏バテには十分ご注意を。

乗り越えろ、クリアレジンの壁。

クリアレジンですが、Be-Jさんのレジンも少し黄味がかっているので、他のレジンで挑戦というか試作を続けております。

現在、お仕事でクリアパーツがガッツリあるものを作業しているのですが、現在のところ、20数回クリアレジンを流し続けて、イメージ通りのキレイなパーツが出来ず、ずっとこの作業をしているような状況です。あっという間に何グラムのレジンをムダにしているのでしょうか...。

やはり個人でクリアパーツをガッツリ製作するのは難しいですね。ただ、ここを乗り越えないと、イメージ通りのフィギュアが完成しないので、なんとしてでも完成させます。

なので、ご依頼者さんには、たいへんお待たせしておりますが、必死のパッチでがんばっておりますので、本当にお許し下さい...。もうしばしお待ちを。

クリアレジンがピンチ。

クリアパーツを作る予定だったので、手持ちの残っているGKキャストを使用したんですが、少し強めに黄味がかっておりました。

まぁ、結構前に購入したので、しょうがないかなぁと諦めて、新しいクリアレジンを買おうと思ったんですが、なんと、ウレタン技研さんのGKキャストGK1010(クリアー180秒タイプ)がメーカー製造中止になったようで、大ピンチです。(泣)

ということで、他メーカーのクリアレジンを試しているんですが、なかなか自分に合うレジンが見つからず、いろいろなクリアレジンの実験をし続けて少しバテております。^^;(出費もかさむ...。)

作業時間が180秒あればベストなんですが、なかなかそのぐらいの時間、作業できるものが無くて、Be-Jさんのクリアレジンが120秒なので、これが今のところ、作業時間が一番長いかなと思いますので、早く手に入れて試したいと思います。

現状、他の選択肢が思いつかないので、上手くいきますように。(心からの願い)

ちなみに、造形村さんのクリアレジンは180秒だったかも知れませんが、最初から少し黄味がかっているので...。