オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


お暑うございます。^^;

今回は、フィギュア製作サービスの開始予定に関してのお知らせです。

サイトのトップページにも書きましたが、現在、ご依頼いただいた場合の製作開始は、11月下旬~12月下旬頃となっております。
製作予定が少し混んでおりまして、製作開始が年末から、少し遅くなると来年の1月になってしまいますが、よろしくお願いいたします。

お見積もり・ご依頼のメールは、ずーっとお待ちしておりますので、ご依頼を検討されている方がおられましたら、ぜひご連絡ください。
すんごくお待ちしております。m(__)m

ではでは、よろしくお願いいたします。

扇風機、起動。

夏真っ盛りになっておりますが、ようやく我が部屋の夏の相棒、「扇風機」をピッっと起動させました。これからこの暑い夏をがんばってくれることでしょう。
冬は「寒い寒い」と文句を言いながら作業をしてますが、夏は「暑い暑い」と言いながら作業をするのが目に見えます...。

でも、今年も夏バテせずにガンバリます。

ちなみに、作業部屋では、夏は機械モノが少し壊れる傾向にあるみたいで、早速、パソコンのキーボードの左シフトを含め、ぼやっと全体的にボタンを押すと戻りが悪くなってきまして、特に左シフトはボタンを押すと、「...カッッッチャン」と少し時間をおいて戻ってきてしまいましたので、もともとパソコンについていたのと同じ、マイクロソフトの一番チープなキーボードを買いました。戻りがとてもスムーズで安くていい買い物をしました。\(^o^)/
チープなものが自分には合う...。(笑)

だいぶ前になりますが、メカニカルキーボードというのを使っていたことがあったんですが、キーを「ちゃちゃちゃちゃちゃー」っと打つと、「カチャカチャカチャカチャカチャカチャーーー」っと、キーを打っている自分でさえ、すごくうるさいので、やむなく普通のキーボードに変えたことがあります。

ということで、汗をカキカキ、作業をガンバっていきます。
みなさんも夏バテには十分ご注意を。

乗り越えろ、クリアレジンの壁。

クリアレジンですが、Be-Jさんのレジンも少し黄味がかっているので、他のレジンで挑戦というか試作を続けております。

現在、お仕事でクリアパーツがガッツリあるものを作業しているのですが、現在のところ、20数回クリアレジンを流し続けて、イメージ通りのキレイなパーツが出来ず、ずっとこの作業をしているような状況です。あっという間に何グラムのレジンをムダにしているのでしょうか...。

やはり個人でクリアパーツをガッツリ製作するのは難しいですね。ただ、ここを乗り越えないと、イメージ通りのフィギュアが完成しないので、なんとしてでも完成させます。

なので、ご依頼者さんには、たいへんお待たせしておりますが、必死のパッチでがんばっておりますので、本当にお許し下さい...。もうしばしお待ちを。

クリアレジンがピンチ。

クリアパーツを作る予定だったので、手持ちの残っているGKキャストを使用したんですが、少し強めに黄味がかっておりました。

まぁ、結構前に購入したので、しょうがないかなぁと諦めて、新しいクリアレジンを買おうと思ったんですが、なんと、ウレタン技研さんのGKキャストGK1010(クリアー180秒タイプ)がメーカー製造中止になったようで、大ピンチです。(泣)

ということで、他メーカーのクリアレジンを試しているんですが、なかなか自分に合うレジンが見つからず、いろいろなクリアレジンの実験をし続けて少しバテております。^^;(出費もかさむ...。)

作業時間が180秒あればベストなんですが、なかなかそのぐらいの時間、作業できるものが無くて、Be-Jさんのクリアレジンが120秒なので、これが今のところ、作業時間が一番長いかなと思いますので、早く手に入れて試したいと思います。

現状、他の選択肢が思いつかないので、上手くいきますように。(心からの願い)

ちなみに、造形村さんのクリアレジンは180秒だったかも知れませんが、最初から少し黄味がかっているので...。

桜も満開、ペーパー粉も満開。

4月に入り、桜も満開に近づいてきましたが、相変わらず、ペーパーがけを繰り返して、ペーパー粉を撒き散らしております。(笑)

お仕事に関しては、順次、製作させていただいておりますが、細かい部分が気になる性格でして、ちょっと進みが遅いです。申し訳ないです。

夏に向けて、創作イベントもたくさんあるかと思いますので、もし、フィギュアを展示したいなぁと思った方は、ぜひご連絡を。
デザインにもよりますが、8月のイベントなら十分間に合いそうです。たぶん...。(;´∀`)


それから、フィギュアからちょっと離れますが、最近、デザインドールというソフトを知りました。
イラストを描くときにポーズの参考が簡単に作れるそうで、インストールしてみましたが、なかなか面白そうです。
デザインドール


話を戻しまして、フィギュア製作をご希望の場合は、ぜひ、ご連絡くださ~い。待ってまーす。\(^o^)/

ではでは、よい新学期を~。


雪は降ってませんが、寒いです。

お正月気分も抜けて、ようやく通常営業という感じでしょうか?(遅い...。^^;)


お仕事の方は、相変わらず、造形料が多く、少し手こずっておりますが、データ完成が見えてきました。
良かったです...。


ニュースを見ると雪がかなり降っているところが多いみたいですが、こっちは今のところ、雪は大丈夫です。
空も晴れてますので、雪の心配はなさそうですが、ペンタブにあたる指から手全体に冷たい温度が伝わってきて、右手だけヒンヤリしております。

ではでは、引き続き、お仕事がんばります。


それから、趣味作品ですが、一応完成しました。
まぁ、趣味作品ということで、細かい部分はラフというか、まだ手を入れることが出来ますが、キレイに完成させるのが目標ではなかったので、この辺りにしておきます。今後、気が向いたら、キレイに完成させていたと思います。(^^)

ちなみに、作ったのは、「炎炎ノ消防隊」の秋樽隊長です。

製作中のヘッド

ではでは~。

今年もたくさんフィギュアを作りたいと思います。

2016年は、まだ一週間しか過ぎておりませんが、すでに作業がてんやわんやしております。(笑)

ご依頼のデザインが思った以上にディテールが混み混みしておりまして、なかなか順調に作業が進みません。
イラストを見た時は、そんな感じがしなかったんですが、いざ、作ってみると、すんごい量でした...。(T_T)

進んでは戻りの繰り返しですが、最後には、これが良い仕事に繋がることを信じて地道に作業を進めます。えいえい、おー!

今年もたっぷり製作したいと思いますので、フィギュア製作のご依頼をお待ちしております。どんどんご依頼ください。

下の画像は、気分転換にぽつぽつ作業している趣味造形のヘッドです。
まだ、ラフのラフなので、あんまりよく分からないかと思いますが、今年は、いろいろ作っていくと決めたので、勉強がてら作っております。

製作中のヘッド

PICマイコンに挑戦しました。超初心者です。

フィギュア製作で、クリアパーツはポイントの1つとして使用することが多くなりました。 クリアパーツは、ようやくスムーズに製作できるようになりましたが、クリアパーツが作れるようになると、どうしても電飾という言葉が浮かんでくるようになってしまいました。

ただ、お仕事で電飾などはほとんどしないので、「別に出来なくても...。」と思っていました。
今のところ特に需要が多いわけではないので問題無いですが、最近の市販フィギュアの傾向としてはクリアパーツや半透明(トランスルーセント)パーツも普通になってきたので、これからは、場合によっては電飾も出来ないと差別化は難しいのかなぁと思いつつ、いままで気にならないふりをしてきました。が、2016年になりましたし、ようやく重い腰を上げて挑戦することにしてみました。

とは言っても、挑戦したのは、とっても簡単な超初心者っぽい内容ですので、ベテランの方が見れば、「なんや、それ~(笑)」という内容ですが、もし、PICマイコンに初めて挑戦しようとお考えの際は、参考の1つにでもどうぞ。何かの役には立つかと...。

とってもシンプルな初心者まるだしの内容ですが、PICマイコンを使うには、プログラムの書き方というより、このPICへのプログラムを書き込む部分(開発環境を揃える)が一番大きな問題でした。どうやって書き込むという作業をするのは全くわかりませんでしたし、何がわからないか分からない状態だったので。

まとめページにも書きましたが、この「書き込む」という部分が一番の山かと思っているので、これを乗り越えるとあとは楽しいピクニック(プログラム)にいろいろ挑戦できると思うと、夢が膨らみます。(大げさですね...。) でも、それぐらいの気持ちでやりましたので、皆さんのご参考になれば、幸いです。


自分の備忘録として以下のページにまとめました。どうぞです。

LED発光までの備忘録


ちなみに、ナイトライダーの様な左右に流れる光の表現ができれば、モードックに使いたいなぁと...。

明けましておめでとうございます。

皆さま。

明けましておめでとうございます。
2016年もよろしくお願いいたします。

今年もがんばって、たくさん良いフィギュアを作りたいと思います。皆さん、よろしくお願いいたします。m(__)m

目標としては、造形力と塗装力の底上げをしたいと思います。

まずは、実行に移すために「ファンアートなど。」というページを作ったので、そこに、いろんな造形を作っていきたいと思います。
造形的に弱いところや、試したことのない造形・ジャンルなどに挑戦しようと思います。何を作るかはその時の気分次第ですが。(^^)

作品はこれから、作る予定ですが、今までに作った造形をアップしましたので、お時間があればご覧ください。

ではでは、皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

「ファンアートなど。」ページヘは、エモーショナルデザインのトップページの下の方から入れます。

懐かしいビデオ

年末が近くなったので、ちょっと掃除をしてましたら、引き出しの奥の方から昔買ったフィギュア関連のビデオが出てきました。
見っけたのはWayne "The Dane" Hansen氏の「ADVANCED FIGURE SCULPTING」というビデオ(2本セット)とDavid Fisher氏の「MODEL MANIA」3本です。

ADVANCED FIGURE SCULPTING1 ADVANCED FIGURE SCULPTING2
MODEL MANIA1 MODEL MANIA2

ちなみに、「ADVANCED FIGURE SCULPTING」というビデオは男性の素体のフィギュアからスカルピーなどを使ってプレデターを製作する様子をWayne Hansen氏が延々と手作り感満載でホームビデオに撮っているものです。テープのラベルには1998と書いていますが、もうちょっと前のような気もしますが...。とりあえず、かなり古いですね。^^;

途中でかなり画面にノイズが入ったり(これはビデオの劣化ではなく、最初から映像としてノイズが含まれています。)、近くにハイスクールがあるのか、音楽が結構なボリュームで聞こえたり、説明している部分の手元が映っていなくて、あさっての方向を映していたり、急に真っ暗になったり、今こんなビデオを売ったら、絶対に怒られそうですね。

ビデオを見ながらフィギュアを一緒に作ると、海外にいる感じが味わえるというか、Wayne Hansen氏の部屋におじゃましている感じがして楽しいです。(笑)
ただ、全部で16時間(ビデオテープ2本)あるので、100%の割合で睡魔に襲われます。覚悟してみないといけません。
ちなみに、このビデオは、Wayne Hansen氏の関連サイトから直接購入しましたが、ビデオのパッケージも正規品とは思えないくらい手作り感を感じます...。(画像参照)

「MODEL MANIA」の方は現在、DVDバージョンで販売していると思うので、持っている方もいるかと思いますが、こちらはフィギュアの塗装やカスタムなどを丁寧に説明しています。こちらの映像は上記のビデオと比べると、すんごい綺麗で鮮明に映っています。と言っても普通ですかね。(笑)

ビデオの作りはそれぞれの作者さんの性格が現れているんでしょうね。両極端で面白いです。

ビデオデッキも最近使っていなかったので、お掃除をしまして、ちょっとだけ「ADVANCED FIGURE SCULPTING」を見ました。
内容は、現在、スカルピーでフィギュアを製作する方法と全く同じ作り方でフィギュアを作っています。ちょっとオドロキです。製作の基本は何十年も同じなんですね。
だとすると、これからも素材が変わったり、デジタルで製作する場合でも、フィギュア製作の基本というのは変わらないんでしょうね。

ビデオを見ていると、やっぱりフィギュア作りの原点と言うか、作っている時のワクワク感を思い出して、すんごくスカルピーやファンドで作りたくなってきたよ~。