オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


良いお年をお迎えください。

皆さん、年末ですね。

ボクは、製作したフィギュアデータを出力するための、分割や中空パーツにする作業を行っておりましたが、結局、一週間位かかってしまいました。パーツ数も多かったんですが、ディテールがかなりすごかったので、ディテール密度を維持しながら簡単に出力できるようにイロイロ悩んでおりました。

ずーっとパソコンに向かっていたんですが、体力の限界です。&精神的に。軽い頭をフル回転していたので、疲れました。やっと少し休めます。何十回とソフトがフリーズしました。(^_^;)
出力は年明けに依頼しようと思います。だって、年末だもの。

今度、パソコンを買うときは、64bit版の方かな...。メモリは大事ですね...。(T_T)。

それから、昨日の夜から自分のホームページのコードをゴソゴソといじっておりました。

理由は、少しリンク系の動きがおかしいと思ったので、ネットで調べたり、全てのコードをチェックしてたんですが、結論的に問題なしということになりました。(自己判断)

パソコンでサイトを見る分には問題ないんですが、スマートフォンの小さな画面で見ると、各ページヘのリンクが少しおかしいかと思ったので、調べてたんですが、こちらで使用しているテスト用のエミュレータだけで不具合(というほど大げさな問題では無く、リンク先の位置が少しずれる程度。)が発生するので皆さんのスマホ(実機)では問題ないかと思います。
ですが、もし、おかしい部分があれば、ご連絡くださいな。
ボクはガラケーなので、確認出来ませんが。(笑)

年末になってから、バタバタしましたが、大晦日ぐらいは少しゆっくりしたいと思います。

皆さん、良いお年をお迎えください。
それから、来年もお仕事がたくさんもらえますように。(^O^)。

やっと、パーツごとに…。

今日は、朝から、データを出力できるように分割作業をしておりましたが、やっと各パーツ毎に分割できましたので、昼から、ダボや、組み立てしやすいように各パーツの合わせ部分を作ろうと思います。

分割作業に何時間かかるんでしょうか...。
パーツ毎への分割は、思っていた以上にデータ量が多くて、ソフトがフリーズしっぱなしでした...。(T_T)。

今更ながら、少しコツがわかった所で、昼からもがんばります。

スペックが…。

今、製作している作品のデータがほぼ出来たので、出力出来るように分割作業などをしているんですが、なかなかうまく行きませんね。

自分のスペック(腕)もありますが、パソコンのスペックがそこそこなので、フリーズしそうな、力を振り絞って動いている感じです。(笑)
がんばれ、ボクとパソコン!。

ということで、明日は祝日ですが、データ分割作業をします。まぁ、土・日・祝日は、ボクにはほとんど関係無いですが...。(^O^)。

待望の第一回ですね。

非常に、手先が冷たいです。
作業に集中できないくらい手が冷たいです...。
そんな時はコーヒーを入れたカップで両手を暖めながら、少しずつ作業をしていますが、コーヒーの冷めるのが早いこと早いこと...。(泣)

ところで、第一回アメイジングモデルエキスポの情報が更新されてました。(^O^)。

次回の開催日は2015年5月5日です。こどもの日ですね~。
大きな子供がいっぱい模型を楽しむイベントになればいいなと思います。

当日版権締切は2015年2月14日までみたいですので、版権物で参加予定をされている方は、ご注意くださいな。

個人的には、今回も、モデルコンテストに作品を出したいとは思うんですが、時間に余裕があればということで、とりあえず、がんばります。

アメイジングモデルエキスポの詳細は、公式サイトでご確認ください。

レイヤーの製作。

なかなか使う機会がなかったんですが、ようやくzbrushのレイヤーを使いました。
やっぱりzbrushでもレイヤーって便利ですね。
今まで一発勝負で製作してきたので、かなりストレスが減りました。(^O^)。

layersculpt

こんな機能を今まで使っていなかったなんて...。(泣)

スタンプの製作。

スカルピーでも毛並みやモールドなどを再現するために手作りのスタンプは使いましたが、もちのろん、デジタルでもスタンプが作れます。ただ、今まであんまり使わず、宝の持ち腐れ的な感じだったので、ちょっとお仕事でも多様しそうなので、いろいろ作っていますが、なんか楽しいです。(^O^)。

fur01

ちなみに画像は、動物の毛並み(ファー)の表現です。
いろいろバリエーションをつくろうかな...。

ハロウィン仕様の魔王様。

魔王様フィギュアを今回もイベントに展示していただきました。
1005hatake1

1005hatake2

今回は、ハロウィン仕様ですね。ナイス!カワイイです。(^O^)。
こういう飾り付けは女性ならではですね~。

イベント楽しそうやな~。ボクも何回も言ってますが、そろそろ新しく本を作ろうかな...。

くくりさんのサイトは、以下のページです。
くくりさんのHP

「そうさく畑」が近づいていますね。

以前、製作しました魔王様フィギュアのオーナーの「くくり」さんが「そうさく畑」というイベントに参加されるので、ちとご紹介を。(^O^)。

日時:10月5日(日)
場所:インテックス大阪3号館

ブース:M01-b「RPG商会」です。

頒布本の製作のラストスパート中だそうで、間に合うのかっ~(^O^)。
今回は、新しい頒布本もあるのかな~。

遊びに行かれる方は、お立ち寄りいただければ嬉しいです。
くくりさんが居られると思います。たぶん...(^_^;)
可愛らしい感じのものが好きな方はぜひ、どうぞ。

ボクも早く次の同人誌を作りたい...。

AMEのコンテストです。その3。

次は、こちらです。

電飾といえば、SFものは外せないということで、やっぱり作品はありましたよ。

作品の名前がわからない。スミマセン。
でも、SFものはやっぱり電飾がよく合いますね~。
c10

ただ、電池がちょっと出てるんですが...。ベースが間に合わなかったのですかね。お疲れさまです。(^O^)。
c11

こちらの作品も名前は分かりませんが、そんな事は関係なく、かっこいい作品でした。
c12

特に、後ろ部分のブルーの光ですが、ものすごい高速で点滅しているように見えました。
でも前から見ると、この部分が見えないので、こういう作品って展示の方法が難しいですね。
c13

次の作品は、出ましたノーチラス。名前は知っていましたが、詳細は知りません。(^_^;)
でも、このデザインは見たことあります。
c14

電飾もそうですけど、このスイッチ類がキレイに揃った、オーディオ機器のようなアクリルベースがすごく印象的で綺麗でした。
この作者さんを知っている方という方にすこしお話を聞きましたが、アクリル加工のプロの方のようですね。すんごく納得しました。こういう技術も身につけてたいなぁと思います。

窓の中にもしっかりと造型が施されているのですが、カメラでキレイに写せませんでした。スミマセン。
でも、中を見なくても、外観だけで、キレイで精密というインパクトはすごく伝わってきました。
c15

それにしても、ベースも含め、キレイですね。
c16

続いては、ポリススピナーです。
この作品もすんごく大きくて、キレイでした。
ただ、こちらも電池・配線部分が出てるんですが...。(^_^;)
c17

次は、ガンプラのアッガイです。
コンテスト会場の雰囲気とは、ちょっと違っていましたが、こちらの作品は、モノアイはもちろん、コックピット部分も光ってたんですよ。
c19

コックピットのアップです。
もうちょっとアップで撮りたかったんですが、ピンぼけがすごくて写せませんでした。

コックピットの電飾に関しては、シンプルな感じでしたが、コックピット内のパネルなどが電飾の光か、パネルそのものに何か仕掛けがあるのかわかりませんでしたが、雰囲気がすごく良かったです。
こういう作品を見習っていきます。
c18

最後に、ボクが、入場した時に、いきなり目に入ったキンゴジ?とプレデターとエイリアンのデッカイ3兄弟です。(TT)
3体の前にあるガンプラが襲われそうです。(^
^;)
c20

以上で、AMEのコンテストの画像は終了です。
もっとたくさん作品はあったんですが、撮ってません、スミマセン。(^_^;)

次回のコンテストには、また参加できたらいいなぁと思います。

AMEのコンテストです。その2。

それでは、個人的に気になった作品の画像をどうぞです。

まずは、コンテスト作品で、すごく気になったバルタン星人です。
電飾がすごくキレイで、こんなん作れたら楽しいだろうなぁ~と感じる作品でした。

頭の部分がイエローから、オレンジ、レッドとグラデーションの様に光が変わっていきます。すごくキレイでしたよ。
c8

電飾部分のアップです。イエローに光っていますが、この部分の色が変わります。
c5

色が変わると、こんな雰囲気になります。
この色の変化が繰り返されていて、ずっと眺めていられます。すごく優しい光りかたでした。
c6

全高は40センチはあったのかなぁ...。もっと大きかったかもしれませんが、このサイズで、電蝕されると、すんごく存在感がありました。
もう1体のアップは、こんな感じです。
c7

ちなみに、ボクのウルヴァリンはこんな感じです。
展示すると、すごく小さい感じです...。(泣)
c9

次は、ガンプラの作品ですが、こちらも電飾が施され、さらにスゴいことになっていました。

この作品のアピールポイントに「見つめてください。」と書いてあったので、何かなと思いつつ見つめました。

見つめた結果は、文章だと伝わりにくいので、まずは、画像をご覧ください。
まずは、こんな感じ。ビグロですね。(^O^)。
c1

見つめていると、あっ、目が光った~。
c2

更に、見つめていると、うわぁ、くちばしが開いた~。
c3

更に更に、光った~。ヤッターっていう感じです。(^O^)。
c4

このくちばしの動きがどうなっているのか、すごくスムーズに開閉していました。
この作品の作者さんは、電飾というよりは、ギミックのプロですね。あんな小さいキットにどうやったらあんな風に出来るのか想像出来ませんね。すごく尊敬します。