オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


新しくなってる。

以前、一度ご紹介しましたformlabs社から新しいプリンターが出ましたよ。
その名も「Form2」。分かりやすい(^O^)。

form2

出力可能サイズも大きくなって、使いやすくなっているみたいなので、ワクワク感が増しすぎて欲しいです。スゴく。でもとりあえずガマンです。(^_^;)
こういうものはじっくり考えないと...。いいなぁ、欲しいなぁ...。

それから、話は変わりますが、エモーショナルデザインにご依頼いただいた場合の製作開始時期は現在のところ、2016年の1月下旬~2月下旬を予定としておりますので、年内の製作は難しいかと...。毎年申し訳ございません。何故か年末は、ご依頼がかたまってしまうので。

フィギュア製作のご依頼は、製作開始まで、ちょっとお時間いただきますが、募集中ですので、ご連絡ください。お待ちしております。

模型用の水転写デカールを製作してくれるサービス

今日は、デカールの製作サービスについてメモしておきます。

デカールについては、小さいものはインクジェットで印刷してもそこそこ良い物が印刷できますが、デザインのまわりをカットする作業や色味の調整にかかる時間を考えると、特殊なデカールや大きなサイズのものはやっぱりデカール製作のプロに頼んだほうがイロイロと心配事が減るので、これはうれしいサービスになりそうです。個人的に(^O^)。

MDプリンタの購入を考えたこともあるんですが、使用頻度とメンテナンス、コスパを考えると3Dプリンターと同様になかなか手が出ません。(当分、3Dプリンターの購入は無いです...。)まぁ、MDプリンタが現在も製造中で最新機種などが出るのであれば、少しは話も変わってきますが。とっくに生産が終わってますし...。
ということで、少しですが、じわじわと模型用デカールを製作してくれるサービスが、増えてきた感じがしましたので、個人的にメモしておきます。
もし、使ったことがある方がおられれば、ご感想を(^O^)。

個人的には、HIQPRINTさんが少し気になりますね...。

以下、3つのサイトをご紹介です。
(画像をクリックするとサイトが表示されます。)


その1.HIQPRINT(ハイキューパーツさんの運営)
hiqprint
hiqprint.net


その2.サンコーマーク工業
sanko
sankomark.com
詳細ページはこちらです。


その3.青木転写
aokitensya
aokitensya.co.jp
詳細ページはこちらです。


以上です。

どうですか~。デジタル原型がじわ~っと流行り始める時と同じようにデカール製作も流行るかなぁ~。

塗装用の筆。

今日は画材屋さんに筆を買いに行ってきました。
もうちょっとしたら、細かい塗装を行なう作業が発生予定なので、すこし時間のある時にお買い物に行ってきました。

3本だけ買ったんですが、4000円弱の出費です。おおっ痛い...。
まぁ、これで製作する作品が、さらに良い物ができることを祈ります。(^_^)

塗装前のお掃除。

clean
久しぶりに、レジンの組立を行うので、離型剤を落とすためにあたらしい道具を買いました。
左端のレジンウォッシュですが、使ってみたのですが、離型剤がとれているのかとれていないのか、微妙だったので、結局クレンザーを買ってきました。
最初からクレンザーだけでも良かったかなと、ちと思ったりもしましたが、これも経験ということで。(^_^;)

右端の洗剤は、クレンザーやレジンウォッシュをキレイに落とすための最終的なものですが、必須ではないかも。

なんか、はたから見ると模型には関係ない材料が増えてきている...。

型取り用の材料その1

最近、買った型取り用の材料です。

シリコンバリアー

えぇ、シリコンバリアーです。
特に珍しいものではありませんが、今までスプレータイプのものを使用してたんですが、なんかシリコン同士がくっついて、ひっちゃかめっちゃかになってたんで、使ってみました。
やっぱり売れているだけありますね。パリパリ気持ちいぐらいにシリコンがはがれます。

今度から、シリコンがくっつく心配をしなくていいので、良かったです。もっと前から使ってたら良かった...。