オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


出力用パーツが出来ました~。

この間、ようやく出力用のパーツが出来たので、出力依頼をしました。ふぅ~。

今回は、かなりのパーツ数で、全ての組み立てをイメージしながら作ってたんですが、パニックになりそうなデータでした。(笑)

出力用のデータは出来ましたが、出力完了後にレジンへの置き換えやクリアパーツへの置き換え用の型を作る作業などがあるので、まだまだ作業量は減りませんね。とりあえず、出力後のイメージトレーニングをしながら出力完了を待つことにします。^^;

テトリスみたいにパーツの位置をはめ込んでいって、1つのパーツにしています。出力後にこのパーツが届くのかと思うと、ブルブルします。

それから、今年は、塗装のレベルアップをテーマにしてますので、これから、いろいろと挑戦しようかと思っていますが、塗装用のキット(オリジナル)の表面処理などの下処理に手こずっておりまして、どの部分のレベルを上げてるのか本末転倒的な感じですが、まぁ、想定内です。(´Д`)ハァ…
とりあえず、塗りたいイメージはたくさんあるので、じっくり塗っていきたいと思います。


最後にお仕事のご連絡ですが、現在、ご依頼いただいた場合の製作開始予定は、4月中旬~5月中旬ごろを予定しておりますが、実際の製作開始時期はご依頼をいただいた順ですので、それ以降になる場合もありますので、ご了承ください。

でもでも、皆さんのご依頼をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。\(^o^)/


出力用パーツの製作に手こずっております。

ようやくお仕事の1つのデータ作業が終わりそうで、現在、出力用パーツを作っているところです。\(^o^)/

出力後に組み立てと複製作業をするので、それらを考慮したパーツを作っているのですが、ただ、パーツ数が多い...。なかなか作業が進まない。大変です、思ったよりも。^^;
もうひと踏ん張りですね。


それから、オリキャラのコングロマリットは今のところ、こんな感じになりました。

コングロマリット進捗

今はポーズをどんな感じにするか検討中です。\(^o^)/

それと、ちょっと前になりますが、趣味で作った「炎炎ノ消防隊」の秋樽隊長をファンアートのページにアップしました。
細かい部分はあんまり作っていないので、雰囲気で見てください。^^;

秋樽隊長
ファンアートページはこちらです。

では、引き続き、お仕事の作業をがんばります。

オリジナルも作っています。

あっという間に1月が終わりを迎えておりますが、まだ寒いですね。指先がキンキンに冷えております。
昨日からパソコン作業の時は、薬指と小指部分だけが長い手袋をはめて作業をしています。昨日、「前に買ったなぁ」と思い出して押入れから探し出しました。
今年は、これで乗り切りたいと思います。

お仕事関連ですが、サイトに新しい作品を2つアップしました。
「バーニス」というTRPG用ミニチュア系フィギュアと「ガスドラゴン」モンスターフィギュアを製作しました。
すでに納品は完了しておりますが、ようやく作品ギャラリーにページをアップいたしました。

作品ギャラリーはコチラです。

それから、現在、製作しているフィギュアのうち、1つはかなりのボリュームなので、時間がかかりそうです。オーナーさんじっくりお待ちを...。スミマセン。


最近は、お仕事の時間の空きを使って、オリジナルを作っていますが、なかなか進みませんね。
オリジナルなので、元絵からは、少し変更を含めて製作しているので、余計に完成が見えません...。^^;

元絵はこんな感じです。キャラクターの名前は「コングロマリット」です。

コングロマリットイラスト

ちなみに、このフィギュアの進捗はというと、こんな感じです。

コングロマリットデータ コングロマリット武器

ではでは、2月もがんばります。

フィギュア用データの説明を追加しました。

フィギュア用データ納品のページに、各パーツ形式の説明を追加しました。

各パーツ形式は、以下の様な種類です。
分かりづらいかと思いますが、よろしくお願いいたします。

  • 1パーツのムク
  • 1パーツの中空(穴あき)
  • 1パーツの中空(フタ付き)
  • 分割パーツのムク
  • 分割パーツの中空(穴あき)
  • 分割パーツの中空(フタ付き)


データ納品のページはコチラです。

雪は降ってませんが、寒いです。

お正月気分も抜けて、ようやく通常営業という感じでしょうか?(遅い...。^^;)


お仕事の方は、相変わらず、造形料が多く、少し手こずっておりますが、データ完成が見えてきました。
良かったです...。


ニュースを見ると雪がかなり降っているところが多いみたいですが、こっちは今のところ、雪は大丈夫です。
空も晴れてますので、雪の心配はなさそうですが、ペンタブにあたる指から手全体に冷たい温度が伝わってきて、右手だけヒンヤリしております。

ではでは、引き続き、お仕事がんばります。


それから、趣味作品ですが、一応完成しました。
まぁ、趣味作品ということで、細かい部分はラフというか、まだ手を入れることが出来ますが、キレイに完成させるのが目標ではなかったので、この辺りにしておきます。今後、気が向いたら、キレイに完成させていたと思います。(^^)

ちなみに、作ったのは、「炎炎ノ消防隊」の秋樽隊長です。

製作中のヘッド

ではでは~。

今年もたくさんフィギュアを作りたいと思います。

2016年は、まだ一週間しか過ぎておりませんが、すでに作業がてんやわんやしております。(笑)

ご依頼のデザインが思った以上にディテールが混み混みしておりまして、なかなか順調に作業が進みません。
イラストを見た時は、そんな感じがしなかったんですが、いざ、作ってみると、すんごい量でした...。(T_T)

進んでは戻りの繰り返しですが、最後には、これが良い仕事に繋がることを信じて地道に作業を進めます。えいえい、おー!

今年もたっぷり製作したいと思いますので、フィギュア製作のご依頼をお待ちしております。どんどんご依頼ください。

下の画像は、気分転換にぽつぽつ作業している趣味造形のヘッドです。
まだ、ラフのラフなので、あんまりよく分からないかと思いますが、今年は、いろいろ作っていくと決めたので、勉強がてら作っております。

製作中のヘッド

新しくなってる。

以前、一度ご紹介しましたformlabs社から新しいプリンターが出ましたよ。
その名も「Form2」。分かりやすい(^O^)。

form2

出力可能サイズも大きくなって、使いやすくなっているみたいなので、ワクワク感が増しすぎて欲しいです。スゴく。でもとりあえずガマンです。(^_^;)
こういうものはじっくり考えないと...。いいなぁ、欲しいなぁ...。

それから、話は変わりますが、エモーショナルデザインにご依頼いただいた場合の製作開始時期は現在のところ、2016年の1月下旬~2月下旬を予定としておりますので、年内の製作は難しいかと...。毎年申し訳ございません。何故か年末は、ご依頼がかたまってしまうので。

フィギュア製作のご依頼は、製作開始まで、ちょっとお時間いただきますが、募集中ですので、ご連絡ください。お待ちしております。

最初のZbrush vol.5

ボディの製作も、ほぼほぼ顔の作り方と同じですが、DynaMeshで一から作っていくのは難しいという方は、まず大まかな形をZSphereで作るのはどうでしょうか。

ozibody02
ZSphereの使い方としては、まず、SubToolからAppendを選択して、1つZSphereを追加します。
そして、追加したZSphereをボディの中心に置いて、そこから、腕や足の付け根になる部分にドラッグしてさらにZSphereを追加していきます。コレを繰り返して、肘や膝、手のひら、指、肩などのポジションにZSphereを追加して形を作っていきます。

ある程度の形が出来上がったら、Adaptive SkinメニューのMake Adaptive Skinを押します、すると、SubtoolのAppendに、今作ったSkin_ZSphereが追加されているので、それをSubtoolに追加します。
これを使って、DynaMeshするも良し、そのままキレイに形を整えて使うも良し。ということで。

この方法であれば、複雑な形のものでもDynaMeshだけでつくるより、早く作れると思います。

顔をくっつけるとこんな感じ。(^O^)
ozibody03

あとは同じようにシャツやベスト、ネクタイ、パンツ、靴などを作ると完成です。
ozifin02 ozifin01

基本的にこんな感じで作っています。

今回は、Zbrushというソフトを使いましたが、機能的にはほとんど使っていませんので、全ての機能を把握してから使いたいという方がいるかと思いますが、まずは、挑戦してみると、意外にあっけなく作れるかもしれませんよ。
モチのロン、最初っから全ての機能を把握しているのであれば、ベストですが...。

とりあえず、完成させることがモチベーションを上げるコツかと思いますので、最初は簡単なデザインで挑戦してみてください。

ちょっと駆け足でしたが、以上、Zbrushでの簡単な作り方でした~。(^O^)/゛

最初のZbrush vol.4

髪の造型を追加しました。

コレも顔ベースや眉毛と同じようにAppendでオブジェクトを追加して、DynaMeshでポリゴンを細かくして、造型を行いました。

ozihead04

ヒゲを追加すると、こんな感じです。(^O^)

ozihead05

前回、製作した目や眉毛もそうですが、DynaMeshで目を細かくして造形を施した後は、画面上のオブジェクトのない部分でCtrlを押しながらマウスの左ボタンをドラッグすると造形したオブジェクトのポリゴンを程よくキレイにしてくれますので、ある程度、元のポリゴンが歪んだり、もうこれ以上伸びないなぁと思ったら、実行してみてください。

ただし、あまり細かくし過ぎると、パソコンのスペックがそこそこだとフリーズしますので、ご注意を。

ちなみに、ボクのマシンはフリーズする前は、メニューを押すと、違うところのメニューが閉じたり、メニューの作動がおかしくなったりします...。

最初のZbrush vol.3

各パーツの製作ですが、まず、大まかな形を作るために、Appendで3D MeshesからCube3DでもSphere3Dでも良いので、何かオブジェクトを追加します。

これを大体の大きさや形に変更します。

この時に、特徴的なモールドや形がある場合は、少し作るのが難しいかと思いますので、イメージしている形が作りにくい場合は、GeometryのDynaMeshを実行してもらって、目を細かくしてもらってイメージする形を作っていって下さい。

最初から、完璧な形を作るのは時間だけがかかる(最初から完璧な形を作っても、全てのパーツが揃った後で、微調整などの作業が出てくると思います。)ので、まずは全体のイメージを形にするのが完成までの早道かと思います。

ozihead03

目と眉毛を追加してみました。