オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


デジタル原型の出力サービスを利用してみた。Part.1

フィギュアの出力サービスを利用したので、感想を書きます。

出力サイズは、個人的にわかりやすいので、センチで表示します。
このページの内容は、エモデザが独断の偏見でまとめたものなので、参考ぐらいにしてください。
あと、各項目の印象を5つ星マークであらわします。(あくまでも、個人的見解です。)


INTER-CULTURE (インターカルチャー)

対応データ形式:星3つ
対応しているデータは、OBJとSTLデータです。

今回の使用素材:
「SL7810」

素材:星4つ
出力を試した素材は、エポキシ系のABS相当の素材です。
個人的に、出力した状態で、完璧なものは、現状無いと思うので、どちらにしろ、出力後に作業をするのなら、サクサク削りたいので、この素材はいい感じです。
サポート材は付きます。

出力サイズ:星4つ
最大サイズは、
横(W) 49.5cm × 奥行き(D) 49.5cm × 高さ(H) 20.0cm
ただし、縦×横×高さの合計が45mm以上、 一辺は最低1mm以上ということです。

高さが最大20cmなので、大きさが20cm以上のフィギュアだと、積層方向がフィギュアに対して水平にできないので、パーツ分割や出力後の修正の覚悟が必要かなと思います。

積層ピッチ:星2つ
0.15mmですが、少し荒い印象を受けてしまいます。ただ、お値段もそれなりなので、トントンという感じですね。
形状によっては、かなりの積層段差が出ますので、ご注意を。

出力費用:星3つ
まぁ、普通といったところですので、安心して出力を頼める金額だと思います。

対応:星4つ
梱包も丁寧で、しっかりとしていましたので、安心です。
初めて、デジタル出力を頼むのであれば、ここがいいんじゃないでしょうか?全体的に安心して頼めるところだと思います。

まとめ:星3つ
積層ピッチが0.15mmなので、パーツの形状によって、特に曲面部分には、目で見て分かる程度の縞模様が出ます。
また、極小デザインのパーツ(積層ピッチ以下のサイズの場合)はすぱっと省略される可能性もありますので、その部分を注意すればいいかと思います。

ピッチが粗い分、修正する箇所がわかりやすいので、塗装をする前に全てを確認しやすいかと思います。
ただ、素材が、少しパリパリとした印象があったので、パーツの「折れ」には注意したほうがいいかもしれませんね。

サポート材の除去は、パリパリ・サクサクと取る作業は楽しいですが、パーツ本体に少し残ったサポート材の根元をきれいにするのは、少し面倒かな...。
表面を少し荒くしてからであれば、パテなどはしっかりと食いつくと思います。(2011年2月・出力の感想)