オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


AMEのコンテストです。その3。

次は、こちらです。

電飾といえば、SFものは外せないということで、やっぱり作品はありましたよ。

作品の名前がわからない。スミマセン。
でも、SFものはやっぱり電飾がよく合いますね~。
c10

ただ、電池がちょっと出てるんですが...。ベースが間に合わなかったのですかね。お疲れさまです。(^O^)。
c11

こちらの作品も名前は分かりませんが、そんな事は関係なく、かっこいい作品でした。
c12

特に、後ろ部分のブルーの光ですが、ものすごい高速で点滅しているように見えました。
でも前から見ると、この部分が見えないので、こういう作品って展示の方法が難しいですね。
c13

次の作品は、出ましたノーチラス。名前は知っていましたが、詳細は知りません。(^_^;)
でも、このデザインは見たことあります。
c14

電飾もそうですけど、このスイッチ類がキレイに揃った、オーディオ機器のようなアクリルベースがすごく印象的で綺麗でした。
この作者さんを知っている方という方にすこしお話を聞きましたが、アクリル加工のプロの方のようですね。すんごく納得しました。こういう技術も身につけてたいなぁと思います。

窓の中にもしっかりと造型が施されているのですが、カメラでキレイに写せませんでした。スミマセン。
でも、中を見なくても、外観だけで、キレイで精密というインパクトはすごく伝わってきました。
c15

それにしても、ベースも含め、キレイですね。
c16

続いては、ポリススピナーです。
この作品もすんごく大きくて、キレイでした。
ただ、こちらも電池・配線部分が出てるんですが...。(^_^;)
c17

次は、ガンプラのアッガイです。
コンテスト会場の雰囲気とは、ちょっと違っていましたが、こちらの作品は、モノアイはもちろん、コックピット部分も光ってたんですよ。
c19

コックピットのアップです。
もうちょっとアップで撮りたかったんですが、ピンぼけがすごくて写せませんでした。

コックピットの電飾に関しては、シンプルな感じでしたが、コックピット内のパネルなどが電飾の光か、パネルそのものに何か仕掛けがあるのかわかりませんでしたが、雰囲気がすごく良かったです。
こういう作品を見習っていきます。
c18

最後に、ボクが、入場した時に、いきなり目に入ったキンゴジ?とプレデターとエイリアンのデッカイ3兄弟です。(TT)
3体の前にあるガンプラが襲われそうです。(^
^;)
c20

以上で、AMEのコンテストの画像は終了です。
もっとたくさん作品はあったんですが、撮ってません、スミマセン。(^_^;)

次回のコンテストには、また参加できたらいいなぁと思います。