オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


PICマイコンに挑戦しました。超初心者です。

フィギュア製作で、クリアパーツはポイントの1つとして使用することが多くなりました。 クリアパーツは、ようやくスムーズに製作できるようになりましたが、クリアパーツが作れるようになると、どうしても電飾という言葉が浮かんでくるようになってしまいました。

ただ、お仕事で電飾などはほとんどしないので、「別に出来なくても...。」と思っていました。
今のところ特に需要が多いわけではないので問題無いですが、最近の市販フィギュアの傾向としてはクリアパーツや半透明(トランスルーセント)パーツも普通になってきたので、これからは、場合によっては電飾も出来ないと差別化は難しいのかなぁと思いつつ、いままで気にならないふりをしてきました。が、2016年になりましたし、ようやく重い腰を上げて挑戦することにしてみました。

とは言っても、挑戦したのは、とっても簡単な超初心者っぽい内容ですので、ベテランの方が見れば、「なんや、それ~(笑)」という内容ですが、もし、PICマイコンに初めて挑戦しようとお考えの際は、参考の1つにでもどうぞ。何かの役には立つかと...。

とってもシンプルな初心者まるだしの内容ですが、PICマイコンを使うには、プログラムの書き方というより、このPICへのプログラムを書き込む部分(開発環境を揃える)が一番大きな問題でした。どうやって書き込むという作業をするのは全くわかりませんでしたし、何がわからないか分からない状態だったので。

まとめページにも書きましたが、この「書き込む」という部分が一番の山かと思っているので、これを乗り越えるとあとは楽しいピクニック(プログラム)にいろいろ挑戦できると思うと、夢が膨らみます。(大げさですね...。) でも、それぐらいの気持ちでやりましたので、皆さんのご参考になれば、幸いです。


自分の備忘録として以下のページにまとめました。どうぞです。

LED発光までの備忘録


ちなみに、ナイトライダーの様な左右に流れる光の表現ができれば、モードックに使いたいなぁと...。