オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
フィギュア製作サービス

フィギュア用3Dデータ製作。

あなたの考えた創作オリキャラのフィギュア用3Dデータを製作いたします。また、写真を元に人物(ポートレート)フィギュア用の3Dデータも製作できます。
作成した3Dデータは、市販の3Dプリンターおよび3Dプリントサービスなどで出力してオリジナルのフィギュアを作ることが出来ます。

製作しているフィギュアデータについては、各製作ノートにまとめていますので、ぜひご覧ください。

フィギュア用3Dデータ製作をご希望の場合は、必ず、以下をご確認ください。


データ製作メニュー。

出力用3Dデータはダウンロード納品となります。(※使用範囲はコチラをご確認ください。
ファイル形式やパーツ形式について、よくわからない場合は、ご相談いただければと思います。

フィギュア出力用データ作成 STL/OBJ
創作キャラクター

フィギュアのパーツや原型として使用したい場合は、こちらをご依頼ください。

STL・OBJ形式のファイルです。

こちらは、出力後に積層段差などの表面処理が必要になりますので、多少、模型の加工作業などができる方にオススメします。
作成した3Dデータの精度を最大限にするには、アクリル樹脂系のものが今のところ、ベストかと思います。(積層が一番目立たないので。)



納品タイプ

対応するファイル形式は、出力時に使用する3Dプリンタによって異なりますので、必ずご依頼前に3DプリントサービスのWebサイト、または3Dプリンターの説明書などでご確認ください。
また、パーツ形式は、ムクや分割などの組み合わせになりますので、ご希望の形状を選択してください。
詳しくわからない場合は、出力を依頼するサイトと素材などをご連絡いただければ、こちらで調べますので、ご連絡ください。(^o^)

ファイル形式

一般的な出力サービスだとSTL形式で問題無いと思いますが、OBJ形式でも可能です。

  • STL,OBJ

製作するファイルはNetFabb、MiniMagicsにて確認済みです。

パーツ構造

ご依頼の際は、作成するデータを「1パーツにする」か「分割する」かを選んでいただいて、次にそれらのパーツが「ムク」か「中空」かを選びます。
また、複数のパーツを1つにまとめたい場合は、ご連絡ください。(詳しい説明はこちらです。

1パーツ
1パーツは、完成したフィギュア3Dデータを1つの塊のパーツとした構造です。
マスコット的な、だるまっぽい形やこけしっぽい形であれば、1パーツが良いかと思います。ただし、複雑なデザインなどは、表面処理や塗装を行なうのであれば、不向きです。
分割パーツ
分割パーツは一般的なデザインのフィギュアの場合、頭部・胴体・腕・足などのパーツに分けることで、表面処理や塗装が断然、行い易くなります。
ムクパーツ
ムクパーツは文字通り、無垢です。中身が詰まった状態のパーツが出力できます。
中空パーツ(穴あき)
3Dプリンターで出力する際にサポート材を使用する素材の場合は、それをパーツ内部から取り出す穴が必要となります。この穴を開けたパーツ構造です。
また、穴を開けることによって出力費用が削減できる可能性があるので、ご希望であれば、その為に更に穴を開ける場合もあります。
中空パーツ(フタ付き)
フタ付きの場合は、サポート材を出す穴を閉じるためのパーツが付いています。コレは、パーツ出力後、型取りなどをする際に穴を塞ぐ必要があるので、その為のパーツが付いています。
まとめるオプション。

中空(フタ付き)や分割パーツの場合は、出力用に小さいパーツをまとめると3Dプリントサービスなどで出力費用を抑えられたり、個々のパーツがバラバラにならず管理しやすかったり、良いこともあるので、これをオプションとしてご用意させていただきました。ご希望の方はご連絡ください。

ただし、大きなパーツを無理やり1パーツにすると、出力時に発生する積層段差が思わぬ感じで現れる場合がありますので、ご注意を。