オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
フィギュア製作サービス

フィギュア用3Dデータの使用範囲。

このページには、製作・納品したフィギュア用3Dデータの利用許可範囲などを書いていますので、必ずご確認ください。


3Dデータの使用に関して。

利用許諾範囲

3Dプリンターおよび3Dプリントサービスなどで1体分のフィギュアデータとして出力し、組み立てること。個人使用のみ可能とさせていただきます。
部屋に飾ったり、イベントでの展示、プレゼントなどにご使用ください。

禁止事項

上記以外の利用。

以下のような、上記以外の利用、または利用OKかどうか、わからない場合は、お問い合わせください。
別途、お見積もりをさせていただきます。(以下、例です。)

  • 3Dプリンターおよび3Dプリントサービスで出力したパーツを複製などして複数にする場合。または、複数体分のフィギュアデータとして、出力する場合。
  • 著作権譲渡をご希望の場合。(著作者人格権の不行使条約は含まれません。)
    著作者人格権の不行使条約をご希望の場合。
  • 納品した3Dデータを改変・加工予定の場合。
  • グループ・団体・企業さまからのご依頼の場合。
注意点

模型などの加工作業(削ったり、埋めたりする作業)などが出来る方のみ対象とさせていただきます。

かみ合わせ部分はソフトウェア上で製作していますので、3Dプリンターおよび3Dプリントサービスでの出力後には削るなどの調整が必要です。 ダボなどの合わせ部分も同様です。(必ず複製などする前に仮組みして下さい。)

また、中空パーツで、ディテールが複雑な場合、場所によっては、厚みが薄すぎたり、小さい穴などが空く場合があります。その場合はパテなどで埋めて下さい。

出力後には、素材によりサポート材の洗浄が必要となる場合があります。

データの製作サイズは出力するサイズによってモールドの入れ具合などが変わりますので、大は小をかねません。大きなデータの場合、モールドを細かく入れているので、これを小さいサイズで出力するとモールドが完全に潰れたり、キレイに出力出来ない場合がありますので、出力するサイズでのデータ製作をご依頼ください。

中空で製作する場合、中空部分が薄すぎる場合は、その部分はムク状態にします。(出力後に洗浄が必要な場合に除去出来ないサポート材が残る場合があるので。)ただし、ご依頼者さんより指示があれば、ムクにせずそのまま中空にします。

可動部分・可動パーツに関しては、製作しておりません。
カラー出力用のデータは、現在、製作しておりません。

ご依頼時には必ず、出力マシン(3Dプリンター)に関して以下のような情報をご連絡ください。サイズによっては、出力出来ない場合があります。
詳しくは3DプリントサービスWebサイトまたは、3Dプリンターの説明書などでご確認ください。
ご連絡いただいた情報で製作したデータが出力エラーになる場合は、データの修正をさせていただきます。(納品後、2週間以内にご連絡ください。)

  • 造形可能なサイズ(最大・最小)
  • 最小の厚み
  • ワイヤー状の最小サイズ
  • 最小モールド(凹凸)サイズ
  • サポート材排出用の穴サイズ
  • クリアランス

データ納品後のサポートや再加工・出力作業等は行っておりません。