オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
作品ギャラリー

SHUGETSU氏デザインのキャラクターのリングを製作しました。

シルバーリングの製作は意外と工程数が多い...。

今回は製作ノートでも書きましたが、以前にフィギュアを製作したMELISのシルバーリングを製作しました。
こういうデザイン系のキャラクターはリングにしてもカッコいいですねぇ。

サイズ:約#18
素材: Silver925 計35.8g(湯道付き)
2013/02 完成
キャラクター:© SHUGETSU DEVIL DOLL/SHUGETSU




まずは、製作したリングのデータ画像です。今回はこんな感じで製作しました。
リングの場合は、厚みに気をつけて製作していきます。薄すぎると指にはめた時に痛いですし、分厚すぎると両サイドの指にあたって痛いので。
リング正面データ リング側面データ リング背面 リングななめデータ

上のデータから原型を出力して、表面処理をし、再度その原型を鋳造屋さんに送ってシルバーに鋳造してもらいます。
その辺りの工程は製作ノートに書きましたので詳しくはそちらをご覧くださいな。

ここでは、完成したリングについて書いておきます。

今回は、3Dデータで原型を出力後、再度、鋳造屋さんに鋳造を依頼しましたが、3Dデータからそのままシルバーで出力することもできます。(いろいろと工程はあると思いますが...。)ですが、出力後のシルバーの表面の感じが、別途、鋳造屋さんに依頼した方がキレイなものが出来そうだったので、今回は行いませんでした。
もうちょっと、技術が進むと、表面もキレイな感じに出力できるかと思いますので、その時は、頼んでみたいと思います。

リングの仕上げに関してですが、リングの指を入れる部分もケガキでしっかりとエッジを削り、滑らかに、はめれるようにしたのですが、どうでしょうかねぇ。 シルバーリングだけど、ツルッとまるっと指にはまるのが好きなので、そんな感じになっていれば大成功です。(個人的感想)

データ製作中から何回もデータ等の確認をしていただきまして、最終的にはいぶしの具合も確認していただきました。ご希望の感じで出来たみたいで良かったです。

撮影用の紙や影が一部、いぶしのように黒く見えて、すこしディテールが分かりづらいですが、ご勘弁を。(^O^)
リング側面 シルバーリング正面 シルバーリングななめ
大きな画像を見ると、まだ曇っている感じが残っていますので、バフなどの磨きの技術もこれから更に磨いていかないと行けませんね。(磨きだけに...。m(_ _)m)
キャラクターアクセサリー作りもこれから地道にガンバっていきま~す。ではでは。