オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
製作ノート

デフォルメ ミノタウロス (オリジナル)

インダストリアルクレイ・ポリパテ・エポパテによるフィギュア製作。(2004/12)

デフォルメ系初挑戦です。
デフォルメですが、生物感を出した作品にしたいと思っています。

今までは、終始リアル系に凝ってフィギュアを製作していたんですが、デフォルメされたものでも生物感は出すことは出来ると思うんで、ちょっと挑戦中です。
2004/05/11更新分 ここから↓
では、ちょっと説明です。
すでに、こんな感じで大体の雰囲気は出来上がりました。→
今回も、1次原型はインダストリアルクレイです。

イラストはもとよりデフォルメ系のイラストなんて、ぜったいに描けませ~ん。
なので、作りながら、「こんな感じかな~」っていう感じで作ってみました。
デフォルメフィギュアのクレイ原型
各パーツの状態は今のところ、こんな感じ。→

顔の部分は上の画像でもあまり詳しく写ってないですが...。
詳細はまた、次回ということで。
フィギュアのパーツ分割
大きさは胴体部分が高さ約13センチです。
2004/05/14更新分 ここから↓
ボディをきれいにしてみました。
この作品のテーマはモンスターでありながら「シンプル&キュート(笑)」ってな感じにしてみたいので、まず、滑らかな感じになるまで、丸い感じで全体を整えてみました。
フィギュアボディをきれいにしました。
2004/05/26更新分 ここから↓
まずは、クレイで作った原型の足先のかかと?部分をカットします。
これは、粘土に埋めて型を取るときにめんどくさいのと、一次原型なんで一発で抜かなくてもよかったんで思いきってカットしました。
切断面がきれいではないですが、一次原型なんで...。

ちなみに、この部分(中のワイヤー)をカットするときにカッターがちょっと大きいので切断面が「ぐちゅっ」ってな感じで、ちとつぶれてしまいました。
一度作った部分をもう一度作るってのは、何か損した気分です。(悲)
フィギュアの足をカット
そんでもって、やわらかめの粘土にうめます。
最近、各種ねんどの使い方になれてきました。どの種の粘土を使えば良いのか、やっぱり、数をこなせば自然とわかるもんですね~。
フィギュアを粘土に埋めました
粘土にダボを開け、ブロックで周りを囲んでシリコンを流す準備ができました。

この面のシリコン型が出来上がったら、反対の面の型もとります。

後ろ向きはちょっと情けない絵になってますが...。
フィギュア型取り中。
型はシリコンの薄膜に石膏で補強をしていますが、シリコンの部分がおもしろい感じになったんで「パシャ、パシャ、パシャ」って撮りました。

一番右の画像は横から撮ったものです。
フィギュアのシリコン型1
出来上がったボディ部分の2次原型製作用の型です。
最近はシリコンだけでなく、石膏も、もうちょっとケチれるんではないかと実験中です。
どっちみち、クレイからの型は1回か2回ぐらいしか使わないんで。(^_^;)
フィギュアのシリコン型2
出来上がった型にポリパテを流し込んで出来上がったボディの2次原型です。
型の製作のときにシリコンの厚みを薄くしすぎるとシリコン膜がペラペラなんで、「ペコッ」ってへっこんだままになるときがあるので、それが、ちと困る。
今回も、その影響がちょっとちらほら。まぁ、これぐらいなら修正可能なんでOKで~す。
ポリパテで複製。
もちろん、まだ、続きまーす。
2004/06/01更新分 ここから↓
頭部とつま先部分もポリパテで抜いてみました。

頭部のあごの部分はぜんぜん作っていないので大きく丸い形になっていますが、ここは、これから、キレイに形を整えるのでまったく違った形になると思います。

この作品は進捗ペースがすんごく遅いんで、皆見てくれてるのかなって、とっても心配です。見捨てられているような感じが... (笑)。
地味ですが、確実に進んでるんでたまにはこのページを覗いてください。

全てのポリパテパーツ
胴体とつま先をくっつけてみました。
これが、また、変な形でくっつけるのに時間がかかってしまいました。
結局、エポパテと瞬着で踏ん張ってくっつけました。

エポパテが乾燥したら、瞬着がなかなか乾かないし、瞬着が乾いたらエポパテが硬化不良っぽい感じになるし。てんやわんやの大騒ぎさっ。
足の接続。
2004/06/15更新分 ここから↓
ボディに薄くパテを覆ってきれいにします。
このミノちゃんは毛のモールドをいっぱい入れて、雰囲気のあるものにしたいので、その下地として形を整えました。
エポパテで表面をキレイにしています
頭部もポリパテで抜いたので、表面がガタガタだったので、エポパテで覆って滑らかにします。
角をつけてみたんですが、い・か・が・ですか。
角をつけてみた。
次回は、頭部をもうちょっと、完成させて皆さんに見ていただきたいと思います。
なので、また見てくださいね。
2004/06/17更新分 ここから↓
歯ぐきと歯をパテで作ってみました。
だんだん、最初のイメージのカワイらしさからは遠くなっていますが、生物感は出てきているような感じが...。
歯ぐきと歯を製作。
2004/07/12更新分 ここから↓
最近ちょっと、このミノちゃんを更新してなかったので、久しぶりの更新です。
内容は下の歯ぐき、歯と舌の製作です。

上の歯ぐきをちょっとカワイイグロテスクな感じでつくったんで、下の歯ぐきの部分もそんな感じに造ってみました。

まずは、歯ぐきの作成です。
下の歯ぐきを製作
歯ぐきができてから歯を製作し、その後で舌を製作しました。
舌の表面はザラザラした感じを表現しているんですが、この画像では全く伝わらないですね。(^_^;)
舌の製作
2004/08/07更新分 ここから↓
頭部はほとんど変わっていませんね。
しいて言うと、下あごと頭の接続部分をキレイにしたというところですね。
接続部分をキレイに
ボデーです。(^v^)
どうですか?変わったでしょ。
獣の皮膚の感じといえば「ケムクジャラ」という印象があるので、そういう風にしようと考えまして、 いろいろとどうすれば面白い皮膚表現というか表面の表現ができるか考えました。

結果、「毛の綿」がいっぱいくっついている感じを表現するのが面白かったのでこんな風になってしまいました。
皮膚挑戦中。
ボディの拡大画像です。
どうですか。
まさしく、この作業はめんどくさいの一言ですね。(^。^;)
でも、くじけませんよ~。
皮膚挑戦、苦戦中。
2004/09/12更新分 ここから↓
腕を製作してみました。
かなり、デフォルメちっくな腕になってしまいましたが、まぁ、いいか。(*^-^*)
フィギュアの腕製作1フィギュアの腕製作2 フィギュアの腕製作3フィギュアの腕製作4
2004/11/11更新分 ここから↓
いやー、このミノちゃんは久しぶりの更新ですね~。
別にサボっていたわけではないですよ...。

このミノちゃんの更新を見ていただいている方々から「あのブツブツキモチワルイよ~。(^。^;)」と評判の悪い(笑)、体のブツブツが、やっとこさ、出来上がりました。

というか、無理やり終わらせたって感じです。
イメージとしては、ケムクジャラな感じなんですが、カワユイ感じで半袖短パン部分がケムクジャラってな風に...。

毛の表現、終了。
それから、いっつも考えてしまう塗装カラーなんですが、他の作品が全体的に暗い感じなので、このミノちゃんはPOPな感じに色を塗りたいと思います。
なので、今考えているカラーが
  • チョコ
  • ストロベリー
  • 抹茶
↑ですが、いいでしょ?

今回はこれまで、ではでは。
2004/11/16更新分 ここから↓
えーっと、そろそろ完成かな~?

手と尻尾のベースを作りました。大体パーツがそろったので、完成イメージです。後は、これに角と細かい部分を加えれば完成となります。 そろそろ完成1そろそろ完成2そろそろ完成3
2004/11/21更新分 ここから↓
顔の目の部分と角の部分をちょびっと変更・追加しました。
あとは、全体的にキレイにして、型をとって完成です。塗装が出来たらまたアップします。

塗装サンプルが出来上がるまでには、またまた時間がかかりそーです。ゴメンナサイ。m(__)m
フィギュアの顔アップ
追記
塗装サンプルはムリでした。スミマセン。

原型完成の画像はGALLERYにアップしているので、それでご勘弁を...。


その他製作ノート
フィギュアヘッド | 同人 フィギュア | フィギュア構図 | 孫悟空 | キン肉マン | バトルシーン構図 | ミニチュア | そっくり人形 | ゲームキャラクター | 単行本 フィギュア | モンスター系 | アート系 フィギュア | コミック キャラクター | オリジナル ヘッド | モンスター系 | 動物 フィギュア | コミック 胸像 | リアル 胸像 | オリジナル キャラ | デフォルメ キャラ | クリーチャー系 | モンスターフィギュア | アメコミ フィギュア | バットマンフィギュア