オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
製作ノート

オリジナルデザインのクリーチャー・モンスターフィギュアの製作。Part.2

SMART. (オリジナル)

インダストリアルクレイでのフィギュア製作(2004/12)

前の記事では、ボディの製作の途中までだったので、このページは、ボディのディテールの追加作業と腕の製作などです。

完成して、塗装をしたフィギュアの画像はGALLERYにアップしています。
2004/05/12更新分 ここから↓
まず、ポリパテで作成したボディの表面を全体的に少し薄くします。 これは、今回、表面をエポパテで表現しようとしているので、1次原型で製作した完成予定の大きさになるように一層薄くします。
ポリパテ原型の修正
少し表面を削った体にエポパテで筋肉などの表現を復活させます。
復活させている途中の画像がこれです。↓
エポパテでの表面処理
今回の更新はこれだけです。スミマセン。(T_T)
2004/05/14更新分 ここから↓
頭を作ってみました。
悪魔っぽい感じをイメージして作ってみました。
表情は「ニヤリ」と唇を閉じて、その唇の片側を少し引き上げている感じです。
スカルピーでの顔の製作
前にも書いたんですが、あまりスカルピーが得意ではないんで、それで細かい作業は今んとこ、ムリってなわけで、エポパテに置き換えてからじっくり顔を作っていきたいと思います。

なので薄いシリコン膜の石膏型を作って顔のスタンプを作ってみました。
顔のシリコン型
出来上がった、エポパテの顔のスタンプです。
まぁ、ちょっと、おでこの部分が「ペコッ」ってへこんでいますが、ご愛嬌(あいきょう)
エポパテで複製した顔1
並べての記念撮影。

これから、エポパテ版の顔を改修してリアルな顔にしていきます。
エポパテで複製した顔2
それから、現在、インダストリアルクレイで製作した腕を型取り中です。

型取り中
2004/05/18更新分 ここから↓
頭部はまだまだ、改修中です。
今のところ、いわゆる顔の部分(目、鼻、口がある部分)はほぼ完成させました。
今、後頭部をどうしようか考え中です。
クリーチャーっぽくしようかなと思ってるんで、ちょっとだけ後頭部で遊びます。(*^u^*)
顔の改修をしています
ボディーですが、今のところ、まだまだ、途中です。
この画像では、詳しくは見えませんが、太ももなど全体的に皮膚感を出すためにしわをタップリと入れています。
このクリーチャーはシワのみで完成させちゃいたいと思います。

今更ですが、「塗り」で遊べるキットとしての完成を目標にします。
「aligns」っぽくヌルヌル感をだしたり、「恐竜」っぽくマダラ模様にしたり、「S」マークとパンツを書き込んで「スーパーマン」にしても...(笑)。
とにかく、「塗り」で遊べるキットになるように精一杯、続きを作っていきます。
ボディの表面に皺などを入れています。
それから、脚の接続部分はパテでダボを作ってみました。
まぁ、きっちりとは、フィットしませんが、一応、念のためということで...。
ダボの製作
2004/05/21更新分 ここから↓
今回は、まず、右腕を製作してみました。

以前型取りしていた腕は結局大きさなどが気に入らなかったのでボツです。(笑)

針金にインダストリアルクレイで形を整えます。
まぁ、作り方はこれといって変わった方法はしていませんが...。
パーツが小さいのでクレイで製作は少し、しんどいですね。
もうちょっと、適当な材料があれば...。
それは、追い追い考えるとして。

今回は、前腕と上腕をプクッと分かれた感じにしてみました。
新しくクレイで製作した腕
ポリパテに置き換えます。
やわらかめの粘土に埋めて型取り~。
インダストリアルクレイ型取り1
はんたい側~。
インダストリアルクレイ型取り2
できあっがり~。
シリコン型完成
商品名「ポリパテサンド」。(←ウソ (^_^)ゞ)
ポリパテをさっき作った型にながしてクレイで作成した右腕をポリパテに置き換えています。

ちなみに、黄緑色っぽい部分がポリパテで~す。
ポリパテで複製。
次回は、左腕かな~。
今回もちょっとしか進みませんでしたね~。スイマセン。m(_ _)m
2004/05/26更新分 ここから↓
この前の更新で使用した右腕の1次原型です。
今回はこれを左腕に改造です。
だけど、ただ単に曲げれば良いってもんじゃない。筋肉の付き方は全く別になるんで、基本となる部分のみ残して他の部分をカッートします。
それで、上腕、前腕を「ぐにっ、ぐにっ」っと曲げます。
それから、いろいろと小細工をします。(*^-^*)
前回と同じ腕を改修。
ポリパテに置き換えた両腕の2次原型です。
若干、両方の色が違うのは、ポリパテの硬化剤の量が違うためです。(笑)
ポリパテに置き換えました。
両腕もボディと同様に薄く削って、そこにエポパテを貼ってモールドを入れていきます。
腕にモールドを入れています。
ボディの両肩の部分をノコで切断し、両腕をくっつけながら肩の部分を新造しました。

この部分の作業は意外としんどかったです。
まず、後で作った左腕の上腕が太かったり、ボディに元から付いていた片の部分はぜんぜん形になってないわ、腕をボディにくっつけたらもう一方との高さが違ったり、エポパテはすぐに硬くなるし...。

エポパテといえば、今回新造した肩の部分は1からエポパテだけで作ったので形が決まるまでにエポパテが乾燥して硬くなっていくし、焦るし、大変でした。
メインボディと接合1
肩の部分はエポパテが硬くなりかける前までにモールドなどを入れて完成させました。
エポパテのパッケージには「3時間で切削可能」ていうように書いてるんですが、作業時間は10~15分が限界なのかなぁ?
メインボディと接合2
2004/05/27更新分 ここから↓
後頭部を作りましたので、これで一応、頭の完成です。
なんか、どっかで見たことのあるような後頭部の形ですが...。
そんなことは気にせず、そろそろボディとくっつけます。
製作した頭部の形変更。
次回は、ボディとくっつけた画像がアップできると思います。
2004/06/01更新分 ここから↓
じつは、すでにボディと頭部をくっつけました。でも、はずしました。
イメージを完成させないまま頭部を作って、勢いでボディとくっつけたので、ちょっと...ってな感じのものになっていたので、一旦くっつけたボディと頭を「ポキッ」っと分けて頭部の一部を作り直してみました。

まずは、後頭部ですが、この前作ったとこですが、あまりにもありふれた形だったのでこの部分のアイデアを却下して普通の人間のような感じの丸い頭にします。

ほんでもって、下あごの部分っていうか口元っていうか、その辺りのインパクトやイメージが貧相な感じ(笑)がしたので思い切ってカットしやした。

で、この画像が、「歯ぐき」と「歯」を作ったときの画像です。
歯と歯ぐきを製作しました。
さらに、唇と下あごなどを追加した画像です。
ちょっとだけですが、「えら」も張ったんで悪役っぽい感じに見えますか?
「ファッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ。」って感じです。
唇とアゴを製作しました。
せっかく、頭も大体出来上がったんで仮接続でイメージの確認です。
頭部とボディは針金をさしてくっつけてるだけなんで若干、頭部と首の位置などはおかしいですが、イメージ的にはこんな感じです。
完成イメージ1
ズーム、さらに倍。(大橋巨泉っぽく)
完成イメージ2
まだまだ完成には遠いかな~。
つづく。
続きは、コチラのページです。


その他製作ノート
オリジナルアニメ | 擬人化キャラ | ビネット | 同人バスト | 同人作家キャラクター | オリジナル設定 | マスコットフィギュア | 1/6フィギュアヘッドの作り方 | ミリタリーフィギュア | フィギュアヘッド | 同人 フィギュア | フィギュア構図 | 孫悟空 | キン肉マン | バトルシーン構図 | ミニチュア | そっくり人形 | ゲームキャラクター | 単行本 フィギュア | モンスター系 | アート系 フィギュア |