オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
製作ノート(アクセサリーの作り方)

オリジナルキャラクターのシルバーアクセ製作を始めました。

シルバーアクセと言えば、やっぱりスカル?かなと思ったので...。

今回は、キャプテンアメリカとスカルを組み合わせたオリジナルのシルバーリングを製作しました。

自分用/非売品/練習用。

silver925 & bs(真鍮)リングの製作ノート。
まずは、パーツ原型の製作ですが、下の画像は、真鍮パーツ部分の原型です。
データで製作後、出力して、ワックスに置き換えています。
アクセサリーは久しぶりの製作なので、失敗の可能性も考慮してパーツは多めに作りました。(^_^;)
真鍮パーツのワックス原型 真鍮パーツ原型

次は、本体のスカル部分の原型です。
鋳造の機械などは、もちのろん持っていないので、鋳造屋さんに頼みます。
この原型は、樹脂製なので、鋳造屋さんに液ゴムで型を作ってもらってから鋳造をしていただきます。
スカル原型 シルバーアクセ原型 アクセサリーの原型

上でも書きましたが、シルバーアクセは久しぶりの製作なので、失敗する可能性も考えて2つ分本体のリングを抜いてもらいました。
あと、真鍮パーツは、かなり小さいデザインなので、こっちは、それ以上に抜いてもらいました。ちょっと作りすぎたかな...。(^o^)
スカルシルバーリング鋳造後 真鍮パーツの鋳造後 今回使用する全パーツ

鋳造後にリング・パーツをチェックしますが、今回は、すこしリングの形状が歪んでいましたので、その部分をまずは、直します。
すこし焼きなまししてから、ちゃんと輪っかになるように調整しておきます。
一応、画像を貼ったのですが、わかりづらいですね...。
リングの歪み リングサイズの調整
すべてのパーツが整ったので、ロウ付け作業を行います。
今回は、本体のスカルがシルバー925で、その他のパーツが全て真鍮ですので、それらのロウ付け作業を行います。
ちょっと、フラックスを塗りすぎたので、モワモワしておりますが、ご勘弁を。
シルバーリングロウ付け中です。

全てのパーツをロウ付けしました。直後はこんな感じになりました。
真鍮パーツの色味が変色してますが、あとでキレイにしますので、まぁ、こんな感じです。
ロウ付け直後のリング

ロウ付け直後には、酸化被膜が全体を覆っていますので、それらを除去します。
希硫酸やディクセルは、自分の狭い作業部屋では危険そうなので、クエン酸で酸化被膜を除去しています。

酸化被膜を除去したあとに布で拭くと、ご覧のように艶が少し復活してきます。
酸化被膜除去後のリング 酸化膜除去しました。

真鍮パーツ部分の変色がまだ取れてないので、ワイヤーブラシなどで元に戻したのですが、ロウ付けがうまくいっていない部分が1箇所あったので、再度ロウ付けを行いました。
その後、再び、酸化被膜を取り、全体のキズを取る作業を行ったあとのリングが、下の状態です。
いぶしを行わない鏡面仕上げの場合は、このあと、バフをかけて更にピカピカにして完成となりますが、今回は、いぶしますので、まだ完成ではありません。
鏡面仕上げ前のシルバーリング いぶしなしのシルバーリング

上の状態から磨いて、いぶしを行なって完成したリングはギャラリーにアップしましたので、良かったらご覧ください。
キャプテンアメリカをモチーフにしているので、スカルの額には「A」の文字があります。
ゾンビっぽい感じもすこし入れたかったので、この「A」の文字は、ドロドロとすこし溶けている感じで製作しています。ちょっとわかりづらいと思いますが...。


その他製作ノート
海賊コスチュームそっくりフィギュア | 小般若リング | オリジナルのアメコミフィギュア製作 | アメコミイメージのシルバーアクセ製作 | 可動フィギュア用ヘッド | かわいいフィギュア製作。 | クリエイターズトイフィギュア製作 | 似顔絵+写真のそっくりフィギュア | アクションフィギュア用兄弟ヘッド | オリジナルアニメ | 擬人化キャラ | ビネット | 同人バスト |