オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
製作ノート(アクセサリーの作り方)

創作キャラクター「MELIS」のシルバーリング

キャラクターのシルバーリングの製作です。

"SHUGETSU"さんのキャラクター「MELIS」のシルバーリングを製作しました。

今回は、以前に1度、製作したキャラクターという事もあって、キャラクター部分の製作は非常にスムーズにできました。ということで、今回は、キャラクターのフード部分とリングとして指にはめる部分のキレイな流れができるかがポイントかと思います。


キャラクター:© SHUGETSU DEVIL DOLL/SHUGETSU
シルバーリングの製作ノート。
2013/02/22

リングの仕様としては、裏抜きはせず、ずっしりしたリングをご希望でしたので、ムクで製作させていただきました。

下は出力した原型の画像です。出力素材は半透明なので、サフだけ吹いてデザインを確認します。 製作したリングデータと完成したリング画像は作品ギャラリーをご覧ください。

リングの背にロゴを追加ということでしたので、バックの文字もこんな感じに。
ディテール確認 リングの背面
上の出力した原型の表面を出来るだけ鋳造に向くように修正して鋳造すると、下のような感じになります。
今回は、リングの背に文字を追加しているので、鋳造用の湯道がリングの側面近くにガッツリ付いています。鋳造される方が苦労された後だと思います。ご苦労さまでした。m(__)m
キャラクターリング鋳造後 鋳造後リング リングの湯道
湯道(上の画像のリング側面に付いている出っ張り部分です。)をあるていどカットして、リングのサイズの調整を行いました。

もともとデータでオーダー(希望)のサイズを設定していますので、ほとんど鋳造時の収縮分を調整するだけなんですが、サイズ調整は簡単に言うと、リングをバーナーで温めて、木槌でトントンして調整していきます。表面がかなり酸化しますので、その後、クエン酸と重曹につけて、表面をキレイにします。
クエン酸処理
重曹につけると、ジュワーってスゴい面白いですよ。
重曹処理
すると、こんな感じに。
完成間近 リング磨き前 リングの背の文字

だいぶ、キレイになりましたね。

上の状態から、湯道部分を更にキレイに削って、真鍮ブラシで磨き、更に細かいペーパーなどで磨き、バフで磨いて、いぶしの作業をし、再度バフの作業など、いろいろ作業を行ったシルバーリングを作品ギャラリーにアップましたので、ご覧ください。疲れた~(^_^;)