オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
製作ノート

魔王様のために頑張るワーウルフさんを製作しました。

仲間フィギュアが増えると、イメージするだけで、なんだか世界観が机の上に見えてきます。

今回も、前回の魔王様と同じくポーズをご一緒に考えさせていただきました。元気印のワーウルフさんということで、かっこいいキメポーズで製作することになりまして、以前から製作したかったエフェクトに関してもご提案させていただきまして、見事採用していただきました。ありがとうございます。(^O^)

サイズ: 約 8cm
キャラクター:©Kukri

ワーウルフさんフィギュアの作り方。

今回、製作するワーウルフさんのイラストです。以前、製作した魔王様の部下です。(^O^)

カラーメイン資料

その他の資料です。

フィギュア資料 追加資料

かわいい系ですが、いわゆるケモノ系なので、手のおもむくまま一気に全体像をまずは作ってみます。

初期のラフ造形 造型の開始 最初の形

上の画像から作業を進めましたが、頭部が少し大きくなっているんですが、分かります?
それから、手が人っぽい5本指だったのが、動物っぽい感じに変更しましたよ。

頭部のサイズの変更 手の形の変更

顔の造型と調整を行いながら、鎧部分をラフで作っていきます。

ちなみに、鎧部分ですが、はいだて、くさずり、きゃはんという名称が各部分にちゃんとあります。
知っている方は、当然という感じなのでしょうか、ボクは知りませんでした。勉強不足ですね...。
こうやって、また、めったに使うことのない知識が増えていくのです(笑)

鎧データ追加 ラフ鎧データ 鎧データを追加しました

足の部分はブーツを履いているんですが、ちょっとさびしい感じがしたので、少しディテールを増やしました。
赤い部分にモールドを増やします。

ブーツ部分の画像 ブーツ追加部分

「はいだて」と「くさずり」をキレイに清書していきます。

清書開始

次は、はいだてのプレートを一枚一枚はって、ヒモで縫い合わせているような感じにしていきました。

ラインだけで、はいだてのモールドを再現しようかと思ったんですが、何か、ちゃっちくなりそうだったので、じっくり製作しました。
実際に出力するとかなり、パーツが小さすぎてハッキリ見えないかもしれませんが、こういう部分を丁寧に作っていくと全体時にキレイに仕上がると思うので、しっかり作ります。

パーツを追加しています プレートを一枚ずつ製作 しっかりと作ります

ワーウルフさんのフィギュアデータが完成しました。
剣から、しゅるんと出ているのはエフェクト部分です。炎をイメージして、魔王様の魔法で応援効果をもらっている感じです。

パーツ数的には、それほど多くないですが、人ではないので、肩の位置によって全体のバランスが崩れやすいです。こういう作業をされる場合は、腕の長さが妙に長くなったり、短くなったりする場合があるので、ご注意下さい。

フィギュアデータ完成 ワーウルフ完成データ 制作完了 側面からのワーウルフさん 上からのワーウルフさんデータ フィギュアデータ

ようやく、完成したフィギュア画像をアップしましたので、よろしければ作品ギャラリーを見てください。

今回は、パーツ数はそんなに多くなかったんですが、細かな造型がたくさんしてあったので、表面処理がなかなか終わりませんでした。(^_^;)
造型の作業量は大きさもそうですが、ディテール密度の問題も大きいみたいですね。作業は大変でしたが、良い物が出来たと思います。