オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


最初のZbrush vol.5

ボディの製作も、ほぼほぼ顔の作り方と同じですが、DynaMeshで一から作っていくのは難しいという方は、まず大まかな形をZSphereで作るのはどうでしょうか。

ozibody02

ZSphereの使い方としては、まず、SubToolからAppendを選択して、1つZSphereを追加します。
そして、追加したZSphereをボディの中心に置いて、そこから、腕や足の付け根になる部分にドラッグしてさらにZSphereを追加していきます。コレを繰り返して、肘や膝、手のひら、指、肩などのポジションにZSphereを追加して形を作っていきます。

ある程度の形が出来上がったら、Adaptive SkinメニューのMake Adaptive Skinを押します、すると、SubtoolのAppendに、今作ったSkin_ZSphereが追加されているので、それをSubtoolに追加します。
これを使って、DynaMeshするも良し、そのままキレイに形を整えて使うも良し。ということで。

この方法であれば、複雑な形のものでもDynaMeshだけでつくるより、早く作れると思います。

顔をくっつけるとこんな感じ。(^O^)

ozibody03

あとは同じようにシャツやベスト、ネクタイ、パンツ、靴などを作ると完成です。

ozifin02 ozifin01

基本的にこんな感じで作っています。

今回は、Zbrushというソフトを使いましたが、機能的にはほとんど使っていませんので、全ての機能を把握してから使いたいという方がいるかと思いますが、まずは、挑戦してみると、意外にあっけなく作れるかもしれませんよ。
モチのロン、最初っから全ての機能を把握しているのであれば、ベストですが...。

とりあえず、完成させることがモチベーションを上げるコツかと思いますので、最初は簡単なデザインで挑戦してみてください。

ちょっと駆け足でしたが、以上、Zbrushでの簡単な作り方でした~。(^O^)/゛


Zbrush 日記 ソフトウェア

最初のZbrush vol.4

髪の造型を追加しました。

コレも顔ベースや眉毛と同じようにAppendでオブジェクトを追加して、DynaMeshでポリゴンを細かくして、造型を行いました。

ozihead04

ヒゲを追加すると、こんな感じです。(^O^)

ozihead05

前回、製作した目や眉毛もそうですが、DynaMeshで目を細かくして造形を施した後は、画面上のオブジェクトのない部分でCtrlを押しながらマウスの左ボタンをドラッグすると造形したオブジェクトのポリゴンを程よくキレイにしてくれますので、ある程度、元のポリゴンが歪んだり、もうこれ以上伸びないなぁと思ったら、実行してみてください。

ただし、あまり細かくし過ぎると、パソコンのスペックがそこそこだとフリーズしますので、ご注意を。

ちなみに、ボクのマシンはフリーズする前は、メニューを押すと、違うところのメニューが閉じたり、メニューの作動がおかしくなったりします...。


Zbrush 日記 ソフトウェア

最初のZbrush vol.3

各パーツの製作ですが、まず、大まかな形を作るために、Appendで3D MeshesからCube3DでもSphere3Dでも良いので、何かオブジェクトを追加します。

これを大体の大きさや形に変更します。

この時に、特徴的なモールドや形がある場合は、少し作るのが難しいかと思いますので、イメージしている形が作りにくい場合は、GeometryのDynaMeshを実行してもらって、目を細かくしてもらってイメージする形を作っていって下さい。

最初から、完璧な形を作るのは時間だけがかかる(最初から完璧な形を作っても、全てのパーツが揃った後で、微調整などの作業が出てくると思います。)ので、まずは全体のイメージを形にするのが完成までの早道かと思います。

ozihead03

目と眉毛を追加してみました。


Zbrush 日記 ソフトウェア

最初のZbrush vol.2

Zbrushの開始方法ですが、ソフトを起動させてただけでは、どうやって使っていいのか分かりづらいので、簡単に起動とその後のルーティン的な手順をまとめました。

まずは、Zbrushを起動させます。

次に、LightBoxが表示されているので、Toolを選んで、その中からなんでもいいのですが、今回は、PolySphereを使用します。
PolySphereをクリックして選択し、ドキュメント上でドラッグして表示させます。

そして、LightBoxボタンを押してLightBoxを閉じます。Editボタンを押して作業開始準備の完了です。
たったこれだけです。
ここからは、いろんなブラシを使って造型をしていく作業だけです。(^O^)

個人的に、パースはつけない方が完成イメージが解りやすいので、Perspボタンを押して解除します。
次に、Activate Symmetryボタンを押して、左右対称にします。

では、早速、Move系のブラシで作業を開始します。
基本的に使用するブラシは簡単なものしか使いません。Zbrushのプロになるわけでは無いので、あまり全てを把握する必要はないかと思います。

その他に使用するブラシは、SlashやClayBuildupブラシです。
使うブラシの種類や数は、Zbrushに慣れてくれば自動的に増えてきますので、まずは使い方を感じて下さい。

実際の作業の内容は、超簡単です。
「PolySphereは球体なので、それをこねくり回して、大まかな顔の形を作っていく。」
以上です。

ozihead01 ozihead02


Zbrush 日記 ソフトウェア

最初のZbrush vol.1

今日ぐらいから、世間的にはお盆休みですかね?

うらやましいです~。
涼しい部屋で、冷たいものをお腹をこわすくらい食べたいです...。(^O^)。

話は変わりますが、最近は、デジタル原型というものも、だいぶ浸透している感じがしますが、こういう新しいものに挑戦する場合に一番最初の始め方というのが、一番難しいです。個人的にですが...。
一回、なんでもいいので、作ってしまうと、比較的、作業の進め方というのはなんとなく覚えるんですが、最初は、全くもってどうしていいかわからない場合が、ボクの場合はほとんどです。

なので、ボクと同じような方もいるかと思いますので、そんな最初の最初をスムーズに始めれるように、簡単なものですが、Zbrushで製作する工程でもアップしようと思います。
あんまり難しいデザインをしても初めての方は挫折すると思うので、すんごく簡単なデザインですが、ご興味のある方は参考にでもして下さい。
ご質問がある場合は、コメント欄にお願いします。一週間以上経つとコメント欄は書き込めないので、ヨロシクです。

えーっと、一応製作するデザインはこんな感じにする予定です。

フィギュア画像

えぇ、すごいシンプルですね...。

次回は、頭部の製作について書こうと思います。


Zbrush 日記 ソフトウェア

レイヤーの製作。

なかなか使う機会がなかったんですが、ようやくZbrushのレイヤーを使いました。
やっぱりZbrushでもレイヤーって便利ですね。
今まで一発勝負で製作してきたので、かなりストレスが減りました。(^O^)。

layersculpt

こんな機能を今まで使っていなかったなんて...。(泣)


ソフトウェア 日記 Zbrush

スタンプの製作。

スカルピーでも毛並みやモールドなどを再現するために手作りのスタンプは使いましたが、もちのろん、デジタルでもスタンプが作れます。ただ、今まであんまり使わず、宝の持ち腐れ的な感じだったので、ちょっとお仕事でも多様しそうなので、いろいろ作っていますが、なんか楽しいです。(^O^)。

fur01

ちなみに画像は、動物の毛並み(ファー)の表現です。
いろいろバリエーションをつくろうかな...。


日記 ソフトウェア Zbrush

Zbrushを買おうと思っている方へ。

ボクも使用しているZbrushですが、5月20日より値段が変更になるそうです。

15,000円くらい変わるみたいですので、買おうと思っていた方はお早めに。

以下、そのZbrushを販売しているオーク社のサイトです。

oakcorp.net/zbrush/purchase


ソフトウェア 日記 Zbrush

QRemesherのエラー。

あんまり大したことじゃないと思いますが、困った方もいると思いますので、参考程度に書いておきます。

ZbrushのQRemesher機能を練習しようと思って、始めてさわったところ、
msvcp100.dllがありませんというメッセージが出ました。(^_^;)

エラーの解決策は文字通り、指定のDLLが無いということだけなので、このDLLをインストールして下さい。

このDLLはマイクロソフト社のWebサイトからダウンロードできるので、DLLの名前でググってもらうとすぐ見つかると思います。

「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)」というやつです。
ちなみにパソコンは32bit版です。

理由は不明ですが、とりあえず、dllはダウンロードして使えるようになりますので。
まぁ、こんなこともありますよね。練習は今度にしよ~っと。(^^)


ソフトウェア エラー処理 日記 Zbrush

ZTLファイルがエラーで急に開けなくなった場合の3ステップ。

ボクだけかもしれませんが、たまにZTLファイルいわゆる普通のセーブで保存した時のファイルですが、開こうと思った時に、何かエラーメッセージが出てZbrushが落ちてしまう現象がたまにありましたので、こういった症状が出た場合に参考にでもしていただければと思ったので、記しておきます。

作業しているときは特に問題がないんですが、ZSphereのリトポ作業のデータを含んでいると開けない場合がある気がします。(まったく関係ないかもしれませんが、個人的意見。(^O^))
では、早速ですが、開けなくなってエラーメッセージが出てしまった場合は、以下のようにして開けました。

  1. まず、Zbrush起動後、PolySphere.ZTLを選択し、<Edit>ボタンを押して、作業状態にします。
  2. 次に、<SubTool>を開き、<Append>でZSphereをサブツールに追加します。
  3. 追加したZSphereを選択し、<Tool>メニューの<Load Tool>メニューから開けなくなったZTLファイルを選択します。

上記の手順で、単体では開けなくなったZTLファイルを開くことができました。
お役に立つかどうかわかりませんが、ファイルが開けなくなる状態ほど、悲しい事はないです。なので、ファイルが開けなくなった方は、一度ダメもとでお試しください。
他に簡単な方法がありましたら、教えてください。(^O^)


エラー処理 日記 ソフトウェア Zbrush


    Tags
    スケジュール 日記 ソフトウェア Rhinoceros 道具・材料 フルカラー出力 ファンアート オーダー 塗装 クリアパーツ エラー処理 3D-Coat 電飾 オーナーさん ゲーム 買い物 パソコン Webサービス プラモデル 3Dプリンター イベント Zbrush デカール アメイジングモデルエキスポ ワンフェス お店 アクションヘッド 3D出力 オリジナルキット