オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


PICマイコンに挑戦しました。超初心者です。

フィギュア製作で、クリアパーツはポイントの1つとして使用することが多くなりました。 クリアパーツは、ようやくスムーズに製作できるようになりましたが、クリアパーツが作れるようになると、どうしても電飾という言葉が浮かんでくるようになってしまいました。

ただ、お仕事で電飾などはほとんどしないので、「別に出来なくても...。」と思っていました。
今のところ特に需要が多いわけではないので問題無いですが、最近の市販フィギュアの傾向としてはクリアパーツや半透明(トランスルーセント)パーツも普通になってきたので、これからは、場合によっては電飾も出来ないと差別化は難しいのかなぁと思いつつ、いままで気にならないふりをしてきました。が、2016年になりましたし、ようやく重い腰を上げて挑戦することにしてみました。

とは言っても、挑戦したのは、とっても簡単な超初心者っぽい内容ですので、ベテランの方が見れば、「なんや、それ~(笑)」という内容ですが、もし、PICマイコンに初めて挑戦しようとお考えの際は、参考の1つにでもどうぞ。何かの役には立つかと...。

とってもシンプルな初心者まるだしの内容ですが、PICマイコンを使うには、プログラムの書き方というより、このPICへのプログラムを書き込む部分(開発環境を揃える)が一番大きな問題でした。どうやって書き込むという作業をするのは全くわかりませんでしたし、何がわからないか分からない状態だったので。

まとめページにも書きましたが、この「書き込む」という部分が一番の山かと思っているので、これを乗り越えるとあとは楽しいピクニック(プログラム)にいろいろ挑戦できると思うと、夢が膨らみます。(大げさですね...。) でも、それぐらいの気持ちでやりましたので、皆さんのご参考になれば、幸いです。


自分の備忘録として以下のページにまとめました。どうぞです。

LED発光までの備忘録


ちなみに、ナイトライダーの様な左右に流れる光の表現ができれば、モードックに使いたいなぁと...。

明けましておめでとうございます。

皆さま。

明けましておめでとうございます。
2016年もよろしくお願いいたします。

今年もがんばって、たくさん良いフィギュアを作りたいと思います。皆さん、よろしくお願いいたします。m(__)m

目標としては、造形力と塗装力の底上げをしたいと思います。

まずは、実行に移すために「ファンアートなど。」というページを作ったので、そこに、いろんな造形を作っていきたいと思います。
造形的に弱いところや、試したことのない造形・ジャンルなどに挑戦しようと思います。何を作るかはその時の気分次第ですが。(^^)

作品はこれから、作る予定ですが、今までに作った造形をアップしましたので、お時間があればご覧ください。

ではでは、皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

「ファンアートなど。」ページヘは、エモーショナルデザインのトップページの下の方から入れます。

懐かしいビデオ

年末が近くなったので、ちょっと掃除をしてましたら、引き出しの奥の方から昔買ったフィギュア関連のビデオが出てきました。
見っけたのはWayne "The Dane" Hansen氏の「ADVANCED FIGURE SCULPTING」というビデオ(2本セット)とDavid Fisher氏の「MODEL MANIA」3本です。

ADVANCED FIGURE SCULPTING1 ADVANCED FIGURE SCULPTING2
MODEL MANIA1 MODEL MANIA2

ちなみに、「ADVANCED FIGURE SCULPTING」というビデオは男性の素体のフィギュアからスカルピーなどを使ってプレデターを製作する様子をWayne Hansen氏が延々と手作り感満載でホームビデオに撮っているものです。テープのラベルには1998と書いていますが、もうちょっと前のような気もしますが...。とりあえず、かなり古いですね。^^;

途中でかなり画面にノイズが入ったり(これはビデオの劣化ではなく、最初から映像としてノイズが含まれています。)、近くにハイスクールがあるのか、音楽が結構なボリュームで聞こえたり、説明している部分の手元が映っていなくて、あさっての方向を映していたり、急に真っ暗になったり、今こんなビデオを売ったら、絶対に怒られそうですね。

ビデオを見ながらフィギュアを一緒に作ると、海外にいる感じが味わえるというか、Wayne Hansen氏の部屋におじゃましている感じがして楽しいです。(笑)
ただ、全部で16時間(ビデオテープ2本)あるので、100%の割合で睡魔に襲われます。覚悟してみないといけません。
ちなみに、このビデオは、Wayne Hansen氏の関連サイトから直接購入しましたが、ビデオのパッケージも正規品とは思えないくらい手作り感を感じます...。(画像参照)

「MODEL MANIA」の方は現在、DVDバージョンで販売していると思うので、持っている方もいるかと思いますが、こちらはフィギュアの塗装やカスタムなどを丁寧に説明しています。こちらの映像は上記のビデオと比べると、すんごい綺麗で鮮明に映っています。と言っても普通ですかね。(笑)

ビデオの作りはそれぞれの作者さんの性格が現れているんでしょうね。両極端で面白いです。

ビデオデッキも最近使っていなかったので、お掃除をしまして、ちょっとだけ「ADVANCED FIGURE SCULPTING」を見ました。
内容は、現在、スカルピーでフィギュアを製作する方法と全く同じ作り方でフィギュアを作っています。ちょっとオドロキです。製作の基本は何十年も同じなんですね。
だとすると、これからも素材が変わったり、デジタルで製作する場合でも、フィギュア製作の基本というのは変わらないんでしょうね。

ビデオを見ていると、やっぱりフィギュア作りの原点と言うか、作っている時のワクワク感を思い出して、すんごくスカルピーやファンドで作りたくなってきたよ~。

新しいスカルピー

クレオスからスカルプトクレイという商品が新しく出たみたい(ちょっと前ですが)なので、買ってみました。

sculptclay

まぁ、ベージュ色のスカルピーなんですが、今までグレー系の色のものばかり使っていたので、この色はすぐには馴染めそうもないですが、硬さ的には、すんごくいい感じの硬さです。ちょうど良いというか、バッチグーです。(^^)

焼くと若干、エッジが丸くなっているような感じがしますが、造形自体はとても作業が行いやすいです。
今まで、シルバーのプリモとグレイスカルピーを、筋肉痛覚悟でまぜまぜしてたのは何だったんでしょうか?(^_^;)

と言っても、最近はずっとデジタル造形ばっかりだったので、趣味のものでも、のんびり作ろうかと思います。

何を作ろうかな~。

ブログのお引越し

このブログ「エモデザの日記」のアドレスが変更になりましたので、ご連絡させていただきます。

新しいアドレスはこちらです。

http://emotionaldesign.jp/diary

もし、お気に入りなどに登録されている方がおられましたら、お手数おかけしますが、変更の方、よろしくお願いいたします。

ホームページにあるリンクは全て変更しておりますので、直接このブログを読まれている方はヨロシクです。

変更の理由は以前は、ご存知の方も多いかと思いますが、WordPressというものを使用しておりまして、現在は、Monstraというデータベースを使用しないタイプのものに変更しまして、その際にアドレスも変更させていただきました。
以前よりサクサク表示されるかと思います。多分...。(^O^)

では、よろしくお願いいたします。

グラフィックスカードかな~。

「ビデオ ハードウェア エラー」というのが、この前、頻発しまして、原因を追求しておりました。

何回やっても、パソコンが立ち上がりません。

Windowsの開始時のピンポンピンポン~という音が音痴になって、画面が真っ暗なまま、起動したような感じで、実際に起動しているかどうかは、画面が見えないのでなんとも言えませんが、急にパソコンが使えなくなると、精神的に悪いですね。パニックになりそうです...。
完全にコレっという犯人は見つかりませんでしたが、多分、グラフィックスカードのドライバー読込処理がWindowsのスタートアップ処理中にうまく読み込めてないのか、ドライバーの読込が遅いのか...。その辺りだと思います。
なので、グラフィックスカードのドライバーを最新のものに更新しました。今のところ、順調ですが、若干不安が残ります...。

ですが、コレでやっと、造型作業に集中できそうです。( ´ー`)フゥー...。

作品ギャラリーアップ~。

ようやく作品ギャラリーのページをアップしました~。

今回は、シンプルながらエフェクトを再現してみました。
かわいく出来たと思いますので、ぜひご覧あれ~。(^O^)

ワーウルフさんフィギュアはこちらのページです。

さぁ、引き続き、作業をしようかな。

シルバーウィークっ!

気がつけば、シルバーウィークっていう言葉も定着しているようで、現在、まっただ中ですが、そんな休日は関係なく、ちょびちょびと相変わらず、進捗が遅いですが、必死で製作しております。(^_^;)

現在、塗装作業をいろいろと行っておりますが、ちょっとつかれたので、サイトの更新をしようとパソコンの前に座ったのですが、なかなか手が進まない...。

製作した作品の写真はすでに撮ってあるので、アップしてページを作るだけなんですが...。

アップ予定は、下のワーウルフさんフィギュアの完成画像ページですが、明日中にはページを完成させてアップしますので、またご覧ください。
ワーウルフさんフィギュアはこちらのページです。

では、皆さん、楽しい連休を~。

最初のZbrush vol.5

ボディの製作も、ほぼほぼ顔の作り方と同じですが、DynaMeshで一から作っていくのは難しいという方は、まず大まかな形をZSphereで作るのはどうでしょうか。

ozibody02
ZSphereの使い方としては、まず、SubToolからAppendを選択して、1つZSphereを追加します。
そして、追加したZSphereをボディの中心に置いて、そこから、腕や足の付け根になる部分にドラッグしてさらにZSphereを追加していきます。コレを繰り返して、肘や膝、手のひら、指、肩などのポジションにZSphereを追加して形を作っていきます。

ある程度の形が出来上がったら、Adaptive SkinメニューのMake Adaptive Skinを押します、すると、SubtoolのAppendに、今作ったSkin_ZSphereが追加されているので、それをSubtoolに追加します。
これを使って、DynaMeshするも良し、そのままキレイに形を整えて使うも良し。ということで。

この方法であれば、複雑な形のものでもDynaMeshだけでつくるより、早く作れると思います。

顔をくっつけるとこんな感じ。(^O^)
ozibody03

あとは同じようにシャツやベスト、ネクタイ、パンツ、靴などを作ると完成です。
ozifin02 ozifin01

基本的にこんな感じで作っています。

今回は、Zbrushというソフトを使いましたが、機能的にはほとんど使っていませんので、全ての機能を把握してから使いたいという方がいるかと思いますが、まずは、挑戦してみると、意外にあっけなく作れるかもしれませんよ。
モチのロン、最初っから全ての機能を把握しているのであれば、ベストですが...。

とりあえず、完成させることがモチベーションを上げるコツかと思いますので、最初は簡単なデザインで挑戦してみてください。

ちょっと駆け足でしたが、以上、Zbrushでの簡単な作り方でした~。(^O^)/゛

最初のZbrush vol.4

髪の造型を追加しました。

コレも顔ベースや眉毛と同じようにAppendでオブジェクトを追加して、DynaMeshでポリゴンを細かくして、造型を行いました。

ozihead04

ヒゲを追加すると、こんな感じです。(^O^)

ozihead05

前回、製作した目や眉毛もそうですが、DynaMeshで目を細かくして造形を施した後は、画面上のオブジェクトのない部分でCtrlを押しながらマウスの左ボタンをドラッグすると造形したオブジェクトのポリゴンを程よくキレイにしてくれますので、ある程度、元のポリゴンが歪んだり、もうこれ以上伸びないなぁと思ったら、実行してみてください。

ただし、あまり細かくし過ぎると、パソコンのスペックがそこそこだとフリーズしますので、ご注意を。

ちなみに、ボクのマシンはフリーズする前は、メニューを押すと、違うところのメニューが閉じたり、メニューの作動がおかしくなったりします...。