オリジナルのフィギュアをオーダーメイドで製作いたします。 あなたの描いたイラスト & 写真などから立体化しています。
ブログ

エモデザの日記

造形師カツノの「のんびり」な日記です。製作日誌やホームページの更新情報など、いろいろ書こうと思います。
ブログのトップページはこちらです。


グラフィックスカードかな~。

「ビデオ ハードウェア エラー」というのが、この前、頻発しまして、原因を追求しておりました。

何回やっても、パソコンが立ち上がりません。

Windowsの開始時のピンポンピンポン~という音が音痴になって、画面が真っ暗なまま、起動したような感じで、実際に起動しているかどうかは、画面が見えないのでなんとも言えませんが、急にパソコンが使えなくなると、精神的に悪いですね。パニックになりそうです...。
完全にコレっという犯人は見つかりませんでしたが、多分、グラフィックスカードのドライバー読込処理がWindowsのスタートアップ処理中にうまく読み込めてないのか、ドライバーの読込が遅いのか...。その辺りだと思います。
なので、グラフィックスカードのドライバーを最新のものに更新しました。今のところ、順調ですが、若干不安が残ります...。

ですが、コレでやっと、造型作業に集中できそうです。( ´ー`)フゥー...。

個人でオリジナルのプラモデルを作りたい。その2

かなり前になりますが、コーチ精機さんの「プラスチック製品量産サービス」というものをご紹介したんですが、今回は、別の企業さんのオリジナルプラモデル製作のサービスについてです。

こちらは、販促アイテムということなので、企業さんのノベルティがメインかと思いますが、個人でもグループとか団体であれば、面白そうなので、ご紹介です。(個人で依頼できるかは確認してませんので、あしからず...。(^O^))

きゃぷらも

「きゃぷらも」という名称で完全オーダーメイドのプラモデルが作れるみたいです。

こちらのサイズは、120mm×80mmです。

新しくなってる。

以前、一度ご紹介しましたformlabs社から新しいプリンターが出ましたよ。
その名も「Form2」。分かりやすい(^O^)。

form2

出力可能サイズも大きくなって、使いやすくなっているみたいなので、ワクワク感が増しすぎて欲しいです。スゴく。でもとりあえずガマンです。(^_^;)
こういうものはじっくり考えないと...。いいなぁ、欲しいなぁ...。

それから、話は変わりますが、エモーショナルデザインにご依頼いただいた場合の製作開始時期は現在のところ、2016年の1月下旬~2月下旬を予定としておりますので、年内の製作は難しいかと...。毎年申し訳ございません。何故か年末は、ご依頼がかたまってしまうので。

フィギュア製作のご依頼は、製作開始まで、ちょっとお時間いただきますが、募集中ですので、ご連絡ください。お待ちしております。

新しいチャレンジをがんばります。

ワーウルフさんのオーナーのKukriさんがイベントの画像を送ってくれました。
osaka_151004_2

かわいく飾っていただきましてありがとうございます。

今回は魔王様とワーウルフさんの2体ということで、ちょっと世界観が伝わりやすい感じになりましたかね...。そうなってるとウレシイですが...。(^O^)

今回、新刊があったようで、新しい作品をコンスタントに発表されているパワーにすごく頭が下がります。本当に。

個人的に、文章やイラストを描くっていう作業は、気持ちはあるんですが、すごく体力を消耗するので、頭のなかで思い浮かんでも実際に描く作業はなかなか手につかないです。(ToT)
造型に関する新しいチャレンジもいろいろ思い浮かんでいるんですが、これもまた、先延ばし。うぅ...反省。

気持ちを切り替えて、明日からまたガンバリマース。(^o^)

ワーウルフさんと魔王様。

今回、製作したワーウルフさんフィギュアのオーナーのKukriさんが明日の名古屋コミティアに参加されるということですので、お知らせでーす。

たぶん、ワーウルフさんと魔王様フィギュアが展示されると思いますので、イベントに行かれる方は、よかったらご覧くださいな。

ただし、フィギュアの展示に関しては、当日の状況によっては展示が無い場合もありますので、その場合はご了承下さい。
イベント当日は、配布物などたくさんあって、荷物も多いですのでね...。

それから、コミティア関西46にも参加されるそうですので、関西の方はこちらもどうぞです。

以下、Kukriさんのスペース情報です。
画像をクリックするとKukriさんのサイトに行けま~す。

rpg-shokai

9月27日(日)名古屋国際会議場 名古屋コミティア47
スペース D-1、2

10月4日(日)OMMビル コミティア関西46
スペース H-28

以上、ご報告でした~。

作品ギャラリーアップ~。

ようやく作品ギャラリーのページをアップしました~。

今回は、シンプルながらエフェクトを再現してみました。
かわいく出来たと思いますので、ぜひご覧あれ~。(^O^)

ワーウルフさんフィギュアはこちらのページです。

さぁ、引き続き、作業をしようかな。

シルバーウィークっ!

気がつけば、シルバーウィークっていう言葉も定着しているようで、現在、まっただ中ですが、そんな休日は関係なく、ちょびちょびと相変わらず、進捗が遅いですが、必死で製作しております。(^_^;)

現在、塗装作業をいろいろと行っておりますが、ちょっとつかれたので、サイトの更新をしようとパソコンの前に座ったのですが、なかなか手が進まない...。

製作した作品の写真はすでに撮ってあるので、アップしてページを作るだけなんですが...。

アップ予定は、下のワーウルフさんフィギュアの完成画像ページですが、明日中にはページを完成させてアップしますので、またご覧ください。
ワーウルフさんフィギュアはこちらのページです。

では、皆さん、楽しい連休を~。

最初のZbrush vol.5

ボディの製作も、ほぼほぼ顔の作り方と同じですが、DynaMeshで一から作っていくのは難しいという方は、まず大まかな形をZSphereで作るのはどうでしょうか。

ozibody02
ZSphereの使い方としては、まず、SubToolからAppendを選択して、1つZSphereを追加します。
そして、追加したZSphereをボディの中心に置いて、そこから、腕や足の付け根になる部分にドラッグしてさらにZSphereを追加していきます。コレを繰り返して、肘や膝、手のひら、指、肩などのポジションにZSphereを追加して形を作っていきます。

ある程度の形が出来上がったら、Adaptive SkinメニューのMake Adaptive Skinを押します、すると、SubtoolのAppendに、今作ったSkin_ZSphereが追加されているので、それをSubtoolに追加します。
これを使って、DynaMeshするも良し、そのままキレイに形を整えて使うも良し。ということで。

この方法であれば、複雑な形のものでもDynaMeshだけでつくるより、早く作れると思います。

顔をくっつけるとこんな感じ。(^O^)
ozibody03

あとは同じようにシャツやベスト、ネクタイ、パンツ、靴などを作ると完成です。
ozifin02 ozifin01

基本的にこんな感じで作っています。

今回は、Zbrushというソフトを使いましたが、機能的にはほとんど使っていませんので、全ての機能を把握してから使いたいという方がいるかと思いますが、まずは、挑戦してみると、意外にあっけなく作れるかもしれませんよ。
モチのロン、最初っから全ての機能を把握しているのであれば、ベストですが...。

とりあえず、完成させることがモチベーションを上げるコツかと思いますので、最初は簡単なデザインで挑戦してみてください。

ちょっと駆け足でしたが、以上、Zbrushでの簡単な作り方でした~。(^O^)/゛

最初のZbrush vol.4

髪の造型を追加しました。

コレも顔ベースや眉毛と同じようにAppendでオブジェクトを追加して、DynaMeshでポリゴンを細かくして、造型を行いました。

ozihead04

ヒゲを追加すると、こんな感じです。(^O^)

ozihead05

前回、製作した目や眉毛もそうですが、DynaMeshで目を細かくして造形を施した後は、画面上のオブジェクトのない部分でCtrlを押しながらマウスの左ボタンをドラッグすると造形したオブジェクトのポリゴンを程よくキレイにしてくれますので、ある程度、元のポリゴンが歪んだり、もうこれ以上伸びないなぁと思ったら、実行してみてください。

ただし、あまり細かくし過ぎると、パソコンのスペックがそこそこだとフリーズしますので、ご注意を。

ちなみに、ボクのマシンはフリーズする前は、メニューを押すと、違うところのメニューが閉じたり、メニューの作動がおかしくなったりします...。

模型用の水転写デカールを製作してくれるサービス

今日は、デカールの製作サービスについてメモしておきます。

デカールについては、小さいものはインクジェットで印刷してもそこそこ良い物が印刷できますが、デザインのまわりをカットする作業や色味の調整にかかる時間を考えると、特殊なデカールや大きなサイズのものはやっぱりデカール製作のプロに頼んだほうがイロイロと心配事が減るので、これはうれしいサービスになりそうです。個人的に(^O^)。

MDプリンタの購入を考えたこともあるんですが、使用頻度とメンテナンス、コスパを考えると3Dプリンターと同様になかなか手が出ません。(当分、3Dプリンターの購入は無いです...。)まぁ、MDプリンタが現在も製造中で最新機種などが出るのであれば、少しは話も変わってきますが。とっくに生産が終わってますし...。
ということで、少しですが、じわじわと模型用デカールを製作してくれるサービスが、増えてきた感じがしましたので、個人的にメモしておきます。
もし、使ったことがある方がおられれば、ご感想を(^O^)。

個人的には、HIQPRINTさんが少し気になりますね...。

以下、3つのサイトをご紹介です。
(画像をクリックするとサイトが表示されます。)


その1.HIQPRINT(ハイキューパーツさんの運営)
hiqprint
hiqprint.net


その2.サンコーマーク工業
sanko
sankomark.com
詳細ページはこちらです。


その3.青木転写
aokitensya
aokitensya.co.jp
詳細ページはこちらです。


以上です。

どうですか~。デジタル原型がじわ~っと流行り始める時と同じようにデカール製作も流行るかなぁ~。